よくある質問です。

 

インプラントってどんな治療?

 失った歯の代わりに、あごの骨にネジを入れて人工の歯を作る方法です。
 失った場合、そのままにしておくと見た目が悪いばかりでなく、物をかんで食べたり、うまく話が出来なくなったりします。歯の抜けている部分に向かって他の残っている歯が傾いてきて、かみ合わせに支障をきたすことも少なくありません。
 そこで失った歯を補う治療として最近インプラント治療が主流になってきました。
 インプラント治療は、歯が抜けてしまった部分のあごの骨にチタンのネジを骨に入れ、その上から人工歯を取り付ける方法です。1950年にスウェーデンのブローネマルク教授がチタンと骨がくっつくことを発見してから、臨床への応用が重ねられてきました。
 インプラントの場合は、ご自身の歯と同じように根があるため、入れ歯のように違和感はなく、しっかりと力を入れてからかむことが出来ます。つけたり外したりする煩わしさもなく、見た目もご自身の歯と変わりありません。また、従来の治療のように両側の歯を削って治す治療方法とは異なり、他の歯に対しても優しい治療方法となっています。
 ただし、インプラントには通常2回の外科手術が必要で、1回目は歯ぐきを切り骨にドリルで穴をあけインプラントをねじ込みます。その後3~6ヶ月に骨とくっつくのを待ってから2度目の手術をし、歯ぐきの中に埋まっているインプラントの頭を出して人工の歯をつけます。
 最近では1回の手術でインプラントの埋め込みから人工歯をつけるところまでする「即時荷重」という方法もありますが、あごの骨の状態やインプラントを埋め込む位置など一定の条件が必要です。
 なおほとんどの手術自体は大がかりなものでなく、局部の麻酔のみで1~2時間で終わります。ただし、まれに唇にマヒが残ったり、インプラントに感染が起こり骨にくっつかなくなったりする場合もあります。
 このようなリスクをよりなくすために、やはりCTなどを撮影、専門医など経験の経験の積んだ歯科医師にインプラント治療を受けられた方がいいと思います。
 インプラントは健康保険が使えません。すべて自費治療となります。1本につき30万から40万円くらいの治療費がかかります。総入れ歯の方は数百万円になります。これが高いか安いかはあなたご自身でごはんを食べるときの不都合、入れ歯に対するコンプレックスを考えながら判断していただきたいと思います。
 よく歯科医師と話し合いながら、ご納得のいく治療をお選びください。あなたご自身がこれからの人生で使っていかれる物ですので、あなたご自身も意思の決定権はございます。

 

インプラントのお手入れはどうすればいいですか?

ていねいな歯みがきを心がけてください。
 みがきにくいところ専用の補助用具の器具も使いましょう!
 インプラントを長く持たせるためには、何か特別なことをするわけでもなく、毎日のていねいな歯みがきを心がけることが最も大切です。
 特にインプラントのかぶせ物と歯ぐきの境目は汚れが大変にたまりやすく、軟らかめのハブラシで汚れを落としてください。歯と歯の間は、ハブラシだけでなく歯間ブラシ(まん中の針金がコーティングされている物がインプラントを傷つけないためにオススメです)やフロス(スーパーフロスというモコモコしたフロスがよく落ちます)を用いることによってさらに汚れを落とすことが出来るので、面倒くさいとは思いますが使ってみてください。
 また奥のようはハブラシも歯間ブラシも入りにくいという方は、タフトブラシ(ハブラシの毛先がとても小さくなっている物)という物をご使用いただくとよいかと思います。
 よくわからない場合は、かかりつけの歯医者さんに聞いてみてください。

 

ブリッジや入れ歯との違いは?

 ブリッジや部分入れ歯は原則として、他の歯を使ったり頼ったりしておこなう治療です。したがって、治療のイメージは通常の歯科治療の延長線上にあってそれほど大きく異なることはありません。

 一方でインプラント治療は、歯肉に覆われた顎の骨に人工の根っこを埋め込んでいくわけですから、メスを使った歯ぐきの切開や、骨に穴をあけていくという手術が伴います。

 使い勝手や使用感はそれぞれの歯の状態や相性、好みにもよりますが、

 

 ・入れ歯は取り外しの面倒や多少の違和感

 ・ブリッジはきちんと装着しておれば、慣れると全く違和感はなく使用できます。

*ただし、支台歯となる歯には、歯のない部分の負担もかかるために、悪化する率が高くなります。経年的には、不安定や不都合が出てきます。

 

 インプラントの歯は、根から独立しているので周囲の健康な歯に影響を与える事もなく、かむ力や食感も天然の歯に近い状態になります。

 

 それぞれの治療を詳しく比較いたしておいりますので、こちらをご参照ください。

 http://www.hagukuminomori.com/implantchiryou.html

 

インプラントが壊れたらやり直してくれるの?

 保証制度のある医院もあります。
 ただし、必ず保証についての説明をうけて気になるところがあれば遠慮なく質問してみましょう!
 インプラントは高額な治療になるために、インプラントが抜けたり折れたりするときの歯科医院の対応は、みなさん気になるところです。
 多くの歯科医院では、それらの対応を何らかの形でもっています。ただし、あくまで歯科医院の考え方次第なので、その対応はさまざまです。いろいろな条件で(たとえば、定期健診には必ず訪れるなど)、インプラント本体は10年、インプラントのかぶせ物には負担率が変わりますが、3~5年を保証していらっしゃる医院さんが多いと思います。
 いずれにせよ、インプラントをする前には必ず、歯科医院にどのような保証制度があるか一度問い合わせをしてみてはいかがでしょうか?

 

インプラント体と骨がくっつくしくみ

 

 人間の体は侵入してきた人工物に対しては体外に押し出そうとする力が働きますが、純チタンで作られたインプラント体は骨と結合することがわかっています。

 このチタンと骨が直接結合する状態の事を、骨をあらわすラテン語のオス(OS)と結合を表す英語のインテグレーション(INTEGRATION)を組み合わせた造語でオッセオインテグレーションと呼んでいます。

 チタンには表層にごく薄い酸化被膜があって、その酸化膜と骨の細胞が出すタンパク質や糖質成分が結合し、インプラント体に骨の細胞が接着することで強固な結合が生まれるのです。

 骨に埋め込まれたチタンと生きている骨とが直接接触した状態で、チタンを包み込むように骨が再生されていき、天然の歯と同じ程度の強度や、かみ合わせる力が加わっても動いたり抜けたりしない状態が維持されていきます。

 

インプラントってどんな人に向いているの?

入れ歯やブリッジに満足できない人に適した治療方法です。
 

入れ歯のデメリットとして
 ・カタついて満足にかめない
 ・食べ物がつまっていたい
 ・口の中の違和感に耐えられない
 ・味覚が落ちる
 ・部分入れ歯の金具がみえる
 ・入れ歯であるとわかられたくない
といった不満を訴える方が多いのは事実です。
 これでは実りのある人生はなかなか送れないですよね…少し残念です。
 骨にしっかりと固定されるインプラントの場合、見た目は自然ですし自分の歯と同じように使用することができるために、入れ歯による不満を多く解決することができます。
 また、他の歯を傷つけることなく治療が出来るために、歯のないところの両側を大きく削って橋渡しのするブリッジという治療方法よりご自身の歯を守ることも出来ます。
 つまりインプラントは、入れ歯やブリッジといった従来の治療方法では満足の出来ない人、あるいは対応できない人のための方法といえます。ただし自費診療となり保険が使えないために治療費は高額であり、骨の状態によっては誰にでも出来る方法ではありません。
 なお「入れ歯はめんどくさい!」という方でインプラントを希望される方がいらっしゃいますが、確かに取り外しの手間は省けますが、インプラントを長持ちさせるためにはご自身での歯みがきなどの普段のお手入れや、定期的に歯科医院でかみ合わせのチェック、プロによる歯のクリーニングをしっかりと行い、管理をすることは必要不可欠ですので、あしからずご了承ください。

 

インプラントの寿命は?

 40年以上もつことも。ただし確実なデータではありません。
 あやふやな言い方をしてしまいましたが、インプラントを行う歯科医師の技術力、使用材料はさまざまで、講習会だけを受けていきなりインプラントをする歯科医師もいれば、経験を積んだ歯科医師もいたり、世界基準のインプラントを用いている場合もあれば、材料費のことを優先して強度のたりないインプラントを使用したりしている場合もあります。
 いわば一定の評価基準がないために何とも言えないということです。
 ただし、いい材料で技術力のある歯科医師がインプラント治療を行った場合は、かなりインプラントを長年に渡り使用出来るということは事実です。
 しかしながら「一生もつのか?」と言われると、持つ場合もあったり、持たない場合もあったりインプラントをされる年齢もまちまちなので一概に言えません。
 よりインプラントを長く持たせるためには、日ごろの歯みがきや歯科医院に定期的に健診に行き、かみ合わせのチェックやプロによるお口のクリーニングが必要となってきます。

 

インプラントの治療を受けられない人は、どんな人ですか?

 ある種の薬を服用している人や、放射線治療をうけた人などはインプラントはできません。
 インプラントの治療は、あごの骨の状態にかかわる条件に限らず、体質や全身的な疾患、服用中のお薬とのかねあいで、次のような方は受けられない場合があります。

 

1. チタンアレルギーの人
 インプラントのほとんどがチタンを材料として使用しています。チタンは人間の身体と相性のいい金属ですが、まれにアレルギー反応を起こす方がいらっしゃいます。


2. あごの骨に放射線治療をした人
 口の中のガン治療のために多量の放射線を照射すること、骨自体がもろくなりってしまいインプラントとのくっつきが悪くなり予後が悪くなります。


3. 骨粗鬆症のお薬を飲んでいる人
 ビスフォスフォネート系の骨粗鬆症の治療薬は骨の代謝を止めることによって骨が溶けるのを防ぐ反面、骨が治りにくくなるためインプラントの手術の予後が悪くなります。


4. 長期間にわたりステロイド系のお薬を飲んでいる人
 服用している期間や量にもよりますが、骨の治りが遅くなると言われています。


5. 骨が成長中の人
 確実に骨の成長が終わる20歳くらいを待って受けることになります。


6. アルコールや薬物依存症の人


7. 治療に協力的でない人

 

 インプラントは外科的手術を伴うばかりでなく、時間も費用もかかる治療です。自己管理の出来ない方、歯科医師からの注意を守らない方、治療に協力的でない人は難しいでしょう。
 また、糖尿病の方、高血圧の方でも治療のコントロールの出来ている方であればインプラントの治療は可能です。持病がある人や薬を服用している人は、必ず歯科医師に伝えてください。医科の主治医と連携を取りながらインプラントの治療を進めていきます。
 妊娠中の人は、5~7ヶ月の安定期で、産科医の了解が得られれば、手術を受けることが出来ます。使用する薬は胎児に影響がない物を選びますので心配はいりませんが、妊娠中は身体的にも精神的にも不安定になりがちなために、治療を急ぐ必要がなければ出産を待って治療した方がいいでしょう。

 

 タバコってよくないの?

 インプラントを長持ちさせたいというお気持ちのある場合はなるべく控えましょう。
 喫煙者は、非喫煙者に比べて、重度の歯周病になる可能性が高いことが明らかになっています。
 それは、インプラントも同じ事がいえます。インプラントの成功率をみると喫煙者は10%ほど非喫煙者に比べると成功率が悪くなるようです。これは、タバコに含まれるニコチンがアゴの骨や歯ぐきにある細い血管を収縮させて、十分な血流が届かなくなり、骨の再生や傷の治りが妨げられるからです。
 また、手術の後も喫煙を続けているとインプラントの周辺の骨などの歯周組織がダメージを受け、インプラントが長く使えなくなってしまう可能性が出てきます。
 せっかくインプラント治療を受けられるなら、誰しも長く持たせたいと思うもの。愛煙家のお気持ちもよくわかりますが、できれば手術の3ヶ月くらい前くらいから禁煙させれることをオススメいたします。

 

金属を骨に埋め込んで大丈夫?

 チタンは人体になじみやすく金属アレルギーを起こす人はほとんどいません。
 現在使用されているインプラントには、ほとんどチタンが使われていています。チタンは丈夫な上に人間の身体との相性がいい素材で歯科だけでなく、人工関節にも広く使用されています。
 チタンは長期間、骨の中に置かれていても、身体に悪影響をおよぼすことはありません。アレルギー反応を示す人は、非常にまれで、ほとんどの人に安心して使えます。

 

治療後も定期的に通うの?

 長く快適に使うためには、定期健診は不可欠です。


 インプラントのかぶせ物をつけると本格的なインプラント治療も一段落。
 ただし、その後も年に1~2回は定期健診に通うことが必要となります。

 

 定期健診では
 ・お口のお掃除
 ・歯周病のチェック
 ・かみ合わせのチェック(最も大切!)  などをおこないます。

 

 お口の中の環境は年齢と共に常に変化していきます。
 残った天然歯は加齢とともにすり減りへってきますが、インプラントはすり減りが少ないためにかみ合わせがずれる場合があります。ずれたまま放っておくとインプラントだけに過剰なかむときの力がかかってしまい傷つけてしまうことになります。それがインプラントの取れてしまう大きな原因の一つになっています。
 歯医者さんとは一生のつき合いになる可能性がありますので、信頼できるここなら通えるぞ!という歯科医院を是非選んでくださいね。

 

手術の回数が1回と2回があるときいたのですが…

 1回の方法もありますが、適用できる条件が限られています。人によって異なりますので歯科医師に検査結果をもとに聞いてみましょう。
 インプラントと骨がしっかりとくっつくためには、3~6ヶ月の期間が必要とされています。
 

 1回目の手術では、インプラントのネジを骨に入れた後、ネジがお口の細菌によって感染をしないために歯ぐきを縫い合わせて、このネジと本体がくっつくのを待つ間は完全にお口の中からはみえない状態になっています。そのために、3~6ヶ月後にネジと骨がくっついたら、歯ぐきを切ってインプラントの頭を出し、インプラントのかぶせ物をつけるための2回目の手術が必要になります。
 最近では、この2回目の手術を1回目で終わらせるために、インプラントのネジにアパタイトをコーティングした材料を使用する1回法という治療方法もありますが、骨とネジがくっつく間、インプラントのネジがお口の中に出ているために、お口の清掃がうまくなかったりすると感染しやすく、ごはんを食べたりするときに過剰に力がかかりますと、インプラントのネジと骨がくっつかない可能性が2回法より非常に高くなります。
 2回の手術は確かに外科的な痛み、通院の回数など患者さまの負担は大きくなってしまいますが、インプラントと骨が強固にくっつくためには条件の悪い症例においては1回法より確実となってきます。
 なお1回法には、その日のうちに仮歯までを入れてかめるようにする「即時荷重」という方法がありますが、どの歯科医師でも出来るというわけでなく、高度な技術が必要とされる上、誰でも受けられるという治療でもありませんので、検査の結果、支える骨が十分あり条件がそろった人のみ選択が可能な治療となります。
 いずれにせよ、早くて手術回数を少なくしたいお気持ちは十分拝察できますが、できるだけいい状態でインプラントを使用していただくためには、最初が大切ですので歯科医師と十分話し合いをお持ちになって、あなたにとってベストな治療プランを構築してください。

 

手術は痛くないのですか?

 局部の麻酔を使用するため、痛みは最小限ですみます。
 歯ぐきを切ったり、ネジを入れたりすると聞くとどうしても痛そうなイメージですよね…
 実際は、麻酔をして手術をするために痛みを感じることはほとんどありません。歯を抜くような普通の歯科治療と考えていただいて差し支えはございません。
 しかし、どうしても不安のある方は、ボーッとリラックスした状態にできる鎮静という麻酔を併用させていただきます。
 術後の痛みも、痛み止めを飲んでいただきますのでそれほど痛みはございません。

 

インプラントの前にどんな検査をするの?

手術を安全に行うために血液検査、画像検査などさまざまな検査をします。

 

・問診
 どんなことを悩んでいるのかを十分に聴く


・お口の検査
 視診、触診であごと歯の位置などを調べる。歯周病の状態も把握する


・歯科用レントゲン検査
 あごの骨の厚さや質、骨の中の神経、血管がどこに通っているかをみる


・血液検査
 必要に応じて、患者さまの疾患、感染症を把握すると共に、手術に耐えうる全身状態かをチェックする

 

 なかでも歯科用CTに関する診査は大変重要です。あごの骨の質、形、厚みのほかどの位置に血管や神経が通っているかなど、多くの情報を立体的に読み取ることがき、治療計画を立てる上で欠かすことができません。
 また、手術中の医療ミスを防ぐためにも、レントゲン画像は重要な役割を果たしています。画像であごの中の神経、血管の位置を的確に診断しておければ、手術中傷つけることもありません。
 インプラント治療を安全に行うために、歯科医師からのおねがいです。

 

歯の無い所によって治療期間が違うの?

 上の歯の方が骨とくっつきにくいために2~3ヶ月ほど長くなります。
 人の上あごの骨はやや軟らかく、下あごの骨は硬めです。そのために、下あごにインプラントを入れた場合は、2~3ヶ月で骨とくっつきますが、上あごでは4~6ヶ月程度かかります。
 全体の治療期間は、上あごで6~10ヶ月、下あごで3~7ヶ月必要です。インプラントと骨がくっつくのも下あごの方が成功率が高いと言われています。
 さらに上あごでは、歯が抜けた状態が続くと骨の吸収が早く吸収されてしまいます。そのため、骨を増すソケットリフト、サイナスリフトという治療が必要となってきます。するとさらに、治療時間が必要となってきます。
 骨などの条件の悪い場合は、どうしても治療期間が長くなってしまうことは覚悟をされた方がよいと思います。

 

宣伝の多い歯医者は信頼できますか?

 宣伝だけを見て判断せず、多方面から情報を収集しましょう。
 インプラントの宣伝は、インターネット、新聞、雑誌などで多くあふれています。信頼の出来る物もあれば、都合のいいことばかりを強調している物も少なくありません。
 ある歯科医師の裏事情でしたが
「今は保険をしていてもお金にならないからインプラントや審美で医院の収入源を増やし、宣伝もいっぱいしている」と聞いたこともあります。歯科医師として非常に残念です。その方にとって、本当にインプラントを望まれインプラントがお口の中で機能していくならば、必ず実りある生活へのつながっていくと思いますが、医院のためだけに患者さんにお勧めするのはいかがなものかと…新聞、雑誌に掲載するには非常に多額の金額が入ります。その宣伝費を補うために治療費があるという事も知っておいてください。
 歯科医院サイドからだけの情報に惑わされることなく、しっかりとあなた自身が選択力をもってインプラント治療が実りある治療になるようにお願いいたします。

お気軽になんでもご相談ください

折り返しお返事いたします

メモ: * は入力必須項目です

はぐくみの森歯科クリニック公式サイト