本当は面倒くさい…でもこれが患者様のため

最近、主流になっているのはどちらかというと接着剤でとめるタイプ。

はぐくみの森でも前歯など審美性にこだわるときはそうしている。

しかし、どうしてもそのような時は骨に深めにインプラント体を入れる事も多く、かぶせを取り付けるときには、ちょっとしたテクニックがないと接着剤が歯茎の中に取り残され、そこが汚れの原因となり歯周炎を起こす事が懸念される。

 

ということで、奥の歯などはほとんどのケースで骨の条件が悪いため

・深くまでインプラント体を入れる事ができない

・噛み合わせなどで多大な噛む力が加わってしまい子割る可能性がある

のでネジタイプをほぼ100%患者様の希望がない限り行っている。

 

確かに面倒くさいし、精密なテクニック作業、またプロフェッショナルな技工士が必要でコストも時間も技術もかかるのだが、長い将来を見越したとき、今の簡便さをとるのか、患者様の事を思ってするのかを考慮すると必然と答えは導きだされるのではないかなと思う。

 

インプラントを日本へ導入した先駆けの小宮山先生も未だにこのようにネジタイプにこだわるのにはそれなりの理由があるし、私も賛同している。

 

 

徳島県鳴門市 日本口腔インプラント学会専門医 やまうちえいじ

はぐくみの森 歯科クリニック

〒779-0221 鳴門市大麻町萩原字西山田107-7

四国霊場一番札所 霊山寺より県道12号を東へ800メートルの交差点にあります

お問い合わせ

お気軽になんでもご相談ください。折り返しお返事いたします。

メモ: * は入力必須項目です