CTで何がわかるの???


 近年、 より質の高い歯科治療への期待の高まりを受けて、歯科用CTを設置する歯科医院様が増えています。従来のレントゲン撮影と比べて、お口の中や骨の中の状態を立体画像で詳細に把握できるなど、多くのメリットから注目を集めています。

  

  歯科医院で行なうCT検査

 CTは、人の体の構造を輪切りで撮影しコンピューターがその輪切りのデーターを重ねて立体化をする装置です。近年の技術進歩によりまだまだ高価な機械ですが、より質の高い安全な治療を患者様に提供できるように設置する歯科医院様が増えています。一般的なレントゲンと比べてお口の状態を立体画像で得られることによって、より細部にわたって正確な診断が可能になりました。
 歯科用CTでは、X線を一度で広い範囲に照射するために、狭い照射範囲で何度も撮影をする医科用CTと異なり、撮影時の時間が短縮でき、レントゲンによる被爆量も少ないために医科でとるCTより、患者様のお身体へのご負担はかなり軽減されたものになります。また、インプラントの手術などの検査では歯科用CTで診断、検査は正確にできますので、ご安心してCT検査をお受けください。

  

  インプラントの検査、診断にも大きく貢献いたします

 歯科用CTは多くの歯科治療に役立ちますが、中でも大きな効果を発揮するのがインプラント治療です。失われた歯の代わりとなるインプラントのネジを骨に入れ、そのネジにかぶせ物をつけて人工の歯をつくるインプラント治療では、治療の質を確保し、より正確な治療を行なうために術前の治療計画が必要となります。
 インプラントのネジを歯に埋め込むためには、様々な準備が必要となります。
  ・インプラントのネジを入れる骨の量を補う治療を行なうかどうかの判断
  ・骨の中の神経、血管の状態を把握する
 特に、このようなことが大変重要であると思われます。
 これらのインプラント治療で必要となる情報を得るためにCTを用いることで、骨の状態を調べたり、お口の状態を正確に把握し、より綿密な治療計画の立案が可能となります。さらに、CTの画像をパソコン上でインプラント専用のソフトウェアを用いて、コンピューターガイドやナビゲーションシステムで手術をより安全に質の高いものにでき、患者様のインプラント治療への成功へを導く助けとなります。

  

  患者様の負担軽減にもつながります

 歯科用CTを用いることで、治療を効率よく進められるようになります。さらに診断結果を立体画像で分かりやすく見せたり、コンピューターで治療の流れをシュミレーションしたりできることで、患者様も充分に説明を受けることができ、納得した治療への導かれると思います。歯科用CTを設置した歯科医院は、より患者様に適した治療をご提供できるようになります。
 
 

はぐくみの森 歯科クリニック

〒779-0221 鳴門市大麻町萩原字西山田107-7

四国霊場一番札所 霊山寺より県道12号を東へ800メートルの交差点にあります

お問い合わせ

お気軽になんでもご相談ください。折り返しお返事いたします。

メモ: * は入力必須項目です