妊娠の思い出


とりあえず、私の子どもたちは現在すくすくと育っていますが、子どもたちの性格も十人十色…

なんて、勝手に思っていたのは親の眼でスモークをかけていただけなんだと反省。


私には、三人のかわいい子どもたちがいます。

最初の出産は、大学6年の時。

臨床実習まっただ中で、子どもの出産1週間の卒業試験。

3ヶ月後の国家試験。


歯科医師国家試験といえども、私には、授乳中の子どもを抱えてで

結構、死にものぐるいだったっという記憶しかなかったです。

食べる物も、レポートやら提出技工やらで時間を作らないといけないから

妊婦というのに、何食べたっけ?のように適当な食事だったことは間違いありません。


そんな彼女も無事出産。

母乳にこだわる私は、大学のトイレでも搾乳をしてどうにかこうにか母乳育児を続けていました。

しぼったおっぱいは、冷凍庫で凍らせ、家へもって帰って義理母にお願いして飲ませてもらいました。


病気ないですが、夜泣きがひどい…

死にそうでした。


ちょっとでも音がすると起きて、抱っこをしないと寝ない…


なんなんこの子!って本当なら、かわいいはずの娘なのに

敵視する自分もいました。


2人目3人目は、歯科医師としての生活をしながら…

でも、以外と開業準備やらそういった事以外は、好きなように大学の研修医として残らせてもらい

ストレスもなく、ご飯もしっかりお弁当持参で手作り満載でした。


良く寝てくれる子どもでもいました。

相変わらず、母乳は大学のトイレでしぼったのですが…


今思えば、もっとちゃんと栄養療法をするべきだったと反省です。


・三人とも貧血でお薬飲まされました。

・三人とも乳児湿疹でました。

・一人目は超超極悪な学生生活でした。

・おっぱいはしっかり飲んでくれました。

・みんな3200グラムで頭大きい赤ちゃんでした。


いろんな事を思うと長女には、もう少し栄養を考えた食事や

あの時にこだわりすぎて、卒業なんてしなかったらよかったのかなと反省です。


あと、乳幼児湿疹は、そりゃそうなんだろうな…と思います。

私、ALPいまでも少ないし、実は、アルコール飲みまくっていました。

駄目な母ですよね。


ごめんね。


あと、思い起こせば、一人目の時より、二人目三人目の時の方がおっぱいの色が黄色でした。

栄養的に良い状態だったんですね。


うんうん。


子どもが欲しい方

そして、子どもがお腹にいる方


もう生まれてしまったけれども、

子どもが泣き止まない、落ち着きない、学習に集中しない。

なにか精神疾患の病名をつけられた…

等など…


ありましたら、まず、お母さんの栄養状態、食事、見直してみませんか?


もしかしたら、何か開ける道もあるかもしれません。

子どもに、お薬をのませなくても、栄養で治る病気もあります。


がんばってください。


はぐくみの森歯科クリニック 栄養カウンセラー歯科医師  やまうちりつ

はぐくみの森 歯科クリニック

〒779-0221 鳴門市大麻町萩原字西山田107-7

四国霊場一番札所 霊山寺より県道12号を東へ800メートルの交差点にあります

お問い合わせ

お気軽になんでもご相談ください。折り返しお返事いたします。

メモ: * は入力必須項目です