シリコーンタイプ入れ歯について



 シリコーン入れ歯とは、義歯床の一部がシリコーンで出来ている入れ歯のことです。
 シリコーンは軟らかいので、「入れ歯が当たって痛い!」ということが少なくなり、良く噛めるようになる可能性がありますが、値段が高く、汚れが付きやすいという欠点もあります。


  メリット
・ほとんどの症例で使用することができる。
・現在使っている入れ歯を改修することが可能。
(入れ歯の種類によっては、改修できないこともあります)
・入れ歯が当たることによる痛みが軽減される可能性がある。
・入れ歯が落ちたり外れたりしにくくなる可能性がある
(ただし、入れ歯のために限界はあります)

 

  デメリット
・修理が難しい。
・アゴの骨がだんだんと痩せてくることで、徐々に合わなくなってくる。
(定期的な調整が必要ですが、調整には数日間かかります)
・シリコーンは分子的に粗いため、金属に比べると汚れが付きやすい。
・値段が高い。 

はぐくみの森 歯科クリニック

〒779-0221 鳴門市大麻町萩原字西山田107-7

四国霊場一番札所 霊山寺より県道12号を東へ800メートルの交差点にあります

お問い合わせ

お気軽になんでもご相談ください。折り返しお返事いたします。

メモ: * は入力必須項目です