保険の入れ歯について


レジン床(保険適用の入れ歯)


 国民健康保険などの保険を使って総入れ歯(総義歯)を作る場合には、床(歯肉に触れる部分)がプラスチックのものになります。
 金属素材よりも強度をプラスチックに持たせるために多少厚みが必要となるため、熱が伝わりにくく、食べ物の温度が感じにくくなります。また、人によって装着時に違和感が強い場合があります。
 また、金属床よりもプラスチックの部分が多いため傷がつきやすく、汚れが付きやすくなっています。
 修理は、金属の入れ歯より簡単にできます。
 保険適応なので安価に治療できるといったメリットもあります。

 

  メリット
・ほとんどの症例で使用することができる。
・保険適応なので安価。
・修理が簡単。


  デメリット
・咀嚼能率(ものをかむ能力)が低い。(天然の歯の約10~20%)
・分厚いために違和感が強い。
・温度を感じにくいために食感が得にくい
・残っている歯で支えている入れ歯の場合は、プラスチックのためにたわみが大きく、残っている歯に負担がかかりやすい
・入れ歯のためアゴの骨がだんだんと痩せてくることで、徐々に合わなくなってくる。
(定期的な調整が必要)
・入れ歯のために落ちたり外れたりしやすい。
 

はぐくみの森 歯科クリニック

〒779-0221 鳴門市大麻町萩原字西山田107-7

四国霊場一番札所 霊山寺より県道12号を東へ800メートルの交差点にあります

お問い合わせ

お気軽になんでもご相談ください。折り返しお返事いたします。

メモ: * は入力必須項目です