自費の入れ歯について



 自費の入れ歯は金属床となります。


 金属床義歯とは、床(粘膜に当たる部分)が金属で出来ている入れ歯です。

 床を金属にすることで入れ歯を薄くすることができるので、保険のものよりも異物感が少ない総入れ歯を作れる可能性が高くなります。

 ただし、金属床義歯は修理が難しいため専門性の高い歯科医療となります。また、非常に高価なので、保険の入れ歯ではどうしても満足できないという場合に歯医者さんとよく相談をされて、適用するかどうかを決めていただければと思います。

 

  メリット
・ほとんどの症例で使用することができる。
・入れ歯を薄くすることができるので、保険の総入れ歯よりもしゃべりやすかったり、違和感が少なかったりする入れ歯を作れる可能性が高くなる。
・金属は熱伝導性に優れているので、食事をした時の温度感覚が自然に近くなる。
・プラスチックの部分が少ないため汚れが付きにくいので清潔。
・保険のものよりもピッタリと合った入れ歯ができる可能性が高い。
・割れにくく、変形しにくい。
・残っている歯で支えている入れ歯を用いている方は、入れ歯自体のたわみがプラスチックの入れ歯より少ないので、残っている歯にやさしい

 

  デメリット
・咀嚼能率(ものを噛む能力)が低い。(天然の歯の約10~20%)
・修理が難しい。
(修理のたびに金属の部分が厚くなってくるので、金属床義歯本来のメリットが失われる)
・入れ歯のためアゴの骨がだんだんと痩せてくることで、徐々に合わなくなってくる。
(定期的な調整が必要)
・入れ歯のために落ちたり外れたりしやすい。
・金属床義歯には「コバルトクロム合金」という金属が最もよく使用されているが、この金属は金属アレルギーの原因となりやすい。
(金属の部分にチタンを使用すれば、この問題は解決できます)
・値段が高い。
 

はぐくみの森 歯科クリニック

〒779-0221 鳴門市大麻町萩原字西山田107-7

四国霊場一番札所 霊山寺より県道12号を東へ800メートルの交差点にあります

お問い合わせ

お気軽になんでもご相談ください。折り返しお返事いたします。

メモ: * は入力必須項目です