ピロリ菌除菌に注意!


今テレビなどで話題のピロリ菌。いったい何?にお答えします。

 

ピロリ菌に感染すると萎縮性胃炎がおこります。

    ↓

・胃酸の分泌が悪くなり消化不良

  *消化が悪いので食物の停滞時間が長くなり胃もたれ

  *小腸より先で未消化蛋白による吸収不良  

  *腸の悪玉菌増殖による日和見感染

  *鉄 ビタミンB群の吸収不良による貧血

    

・胃がん 胃潰瘍の原因 

 

・自己免疫疾患にかかるリスクがあがる

 

など、とても身体にとってはマイナスの事だらけで

除菌しましょう!なんてお医者さまにいわれると

「はい」しか言えないのではないでしょうか?

 

ただ除菌には大量の抗生物質を使います。

そのためにピロリは除菌したけど…善玉菌の良い菌までいなくなっちゃった!と言う方

以外と多いのはみなさん知っていらっしゃいますか?

しかも、食道がんになりやすくなる・・・

菌は何が悪いではなくバランスが大切なんですね。

 

除菌に関してハッピー除菌を行うには様々なポイントがあります。

 

バランス力をUPさせるためのポイント

 

・薬剤耐性がないか確認する(クラリス系の抗生剤の既往の人は注意)

・胃酸がしっかり出ているかのチェック

・口腔内環境の改善(歯周病菌などでカンジダの多い人は除菌が難しい)

・腸内環境(悪いと薬の吸収も悪いし除菌後に菌の交代がおこりだるさがある)

 

つまりお口の中の環境もしっかり整える事が菌バランス力を高めるという事です

 

また日々の食べ物でピロリ菌を減少させる食べ物もあります。

ぜひ参考にしてください。

再発もありますので、予防をかねてチェックしてみてくださいね。

 

ピロリ菌を減少させる食べ物

・プロバイオティクス 

  ラックビー ビオフェルミン(1,5g/日)など。出来れば医療用サプリがいい。

・ラクトフェリン

・ココア

  毒素量を減らしたり付着能力を減らしたりできる ココアは10%以上

・フコダイン

  ピロリがくっついて外にでる

・スルフォラファン (ブロッコリー)

・マヌカハニー

  抗菌作用あり 5g×3回/日

・梅干

・わさび

・カテキン (緑茶 一日1000mg)

・グルタミン ファイバー ビタミンC ビタミンE

 

 

ピロリ菌感染がこれほど話題になるのも、きっと胃がんとの関わりからだと思います。

しかし胃がんの原因はピロリが直接ではなくピロリによって起こった

萎縮性胃炎が原因です。

経過はしっかりみていきましょう。

抗生剤での除菌による悪玉菌の増殖に気をつけましょう。

除菌をめざすだけでなく、ピロリの活動性を押さえる事にも目を向けてください。

 

さらに、胃粘膜を悪くするものに痛み止めの常用が特に問題です。

もし、気になる事があれば はぐくみの森までどうぞお気軽にお問い合わせください。

 

皆さんの治療がうまくいきますように…

 

 

 

 

 

はぐくみの森 歯科クリニック

〒779-0221 鳴門市大麻町萩原字西山田107-7

四国霊場一番札所 霊山寺より県道12号を東へ800メートルの交差点にあります

お問い合わせ

お気軽になんでもご相談ください。折り返しお返事いたします。

メモ: * は入力必須項目です