歯周病って何?


 歯周病とは、歯周組織が歯垢(プラーク)に含まれている『歯周病菌(細菌)』に

 感染し、歯肉(歯茎)が腫れたり、出血したり、

 最終的には歯が抜けてしまう、

 日本人が歯を失うもっとも大きな原因の歯の周りの病気の総称で、

 歯周病の初期では自覚症状がほとんどないので気付いていない方が多いだけで、

 実際には日本人の成人の約80%が

 歯周病(歯肉炎or歯周炎)にかかっているといわれています。

 

 歯周病チェック


1.歯みがきなどで、歯ぐきから血がでる

 歯周病の典型的な症状が歯ぐきから出血することです。

 歯磨きしたときに歯ブラシに血が付いていたり、

 硬いものを噛んだときなどに食べ物に血が付いた、

 または歯ぐきから出血していたら要注意です!

 健康な歯ぐきであれば普通の歯磨きなどで出血することはなく、

 歯ぐきから出血するということは炎症が起こっている可能性が高いので、

 歯周病を疑ったほうがよいでしょう。

 以上のことから歯ぐきからの出血はまさに

 「歯周病のサイン」ですので見逃さないようにし、

 出血があったら1日も早く歯医者で診察してもらいましょう!

 

 

2.お口のにおいが気になる

 口臭があるからといって歯周病とは限りませんが、

 (いろいろな原因が考えられたり、生理的なものもあったりするため)

 ある日から口臭がきつくなったような場合は歯周病、

 または他の病気の可能性がありますので注意が必要です!

 特に歯周病の場合、歯周病菌(細菌)の繁殖によって起こるニオイですので、

 かなり強烈なニオイがすることが大きな特徴です。

 ただ厄介なのが口臭に限らずニオイというものは自分では気付きにくく、

 他人も指摘しづらいものなので、口臭がきつくなってもなかなか分からないため、

 歯周病が原因で口臭がしている場合でも気付かないまま

 歯周病が進行してしまうことがあるのです。

 ですので口臭がするようになった場合はもちろん、

 口臭以外の歯周病の症状が出た場合は早めに歯医者で診察を受けましょう。

 もちろん歯周病が原因で口臭がしている場合は、

 歯磨き、洗口液(マウスウオッシュ)、ガムなどで

 一時的にニオイがなくなってもそれは一時的な対処法でしかありませんので、

 歯周病を治さない限り根本的な解決にはならないのです。

 

 

 

3.口の中がべとつく

 歯周病菌が唾液の中に多く含まれていると「ネバネバ」としますので、

 特に朝起床時に口の中がネバネバしたり、

 何か気持ち悪い場合は歯周病の可能性がありますので注意が必要です!

 

 

4.歯ぐきがはれている

5.歯ぐきが赤紫になった

 健康的な人の歯ぐきはピンク色をしていますが、

 歯周病になるとまずは歯ぐきが赤色になり、さらに症状が進行すると赤紫と、

 徐々に歯ぐきの色が濃くなってくるのが特徴です。

 

 

6.歯ぐきから膿がでる

 歯ぐきから出血すると歯周病の大きなサインですが、

 さらに症状が進行すると膿が溜まり、痛みを伴うようになります。

 もちろん歯医者で膿を出してもらえば一時的に痛みは治まりますが、

 歯周病を治さない限り膿は溜まり続けますので、

 やはり歯周病を完治させるしかないのです!

 

7.かたい物をかむと痛い

 歯周病になると歯を支えている周辺組織が弱まりますので、

 おせんべい、リンゴなど硬い物をかむと

 歯周組織が歯を支える事ができなくなるため、痛みを生じる事があります。

 

 

8.歯がぐらぐらする

 歯自体は歯周病でなくても多少は動くもので、

 多少動く程度であれば気付かないのが普通ですが、

 歯周病になると歯周組織がよわまり、

 骨、歯根膜などが溶かされて行きますのでより歯がグラグラしてきます。

 1本の歯を人差し指と親指で軽くつかんで上下左右に軽く揺さぶってみて、

 明らかに歯がグラグラしていたり、

 指で掴まなくても舌で歯を動かす事が出来るような状態は歯周病の危険信号です!

 歯周病の初期段階ではまだ骨、歯根膜などがそれほど溶けていないので

 歯がそれほどグラグラしませんが、指で触ってグラグラするようであれば

 かなり歯周病が進行している可能性がありますので

 一刻も早く歯医者に行きましょう!

 

 

9.歯が長くなったような気がする

 歯周病になると歯周組織が侵され、歯肉が後退して行きますので

 歯が長くなったり、昔よりも出っ歯になった気がすることがあります。

 自分の姿は毎日鏡で見ている方は多いと思いますが、

 歯、特に歯茎を毎日鏡で見る方は少ないと思いますので、

 歯周病を疑うような症状があった場合は1度、

 自分の歯ぐきを鏡で見てみましょう。

 

 

10.歯と歯の間に物がつまりやすくなった

 

 上記のうち一つでも当てはまることがあれば、

 歯医者さんでの受信をおススメします。

 

 


 バイオフィルムって何?


 歯垢(プラーク)は、口腔内の変化に富む環境に住んでいるバクテリアと他の微生物のコミュニティで構成されています。そして、歯垢が成熟していくと、歯みがきでは落ちない『バイオフィルム』と呼ばれるものが、歯のエナメル質などの硬い組織表面に主に形成されます。バイオフィルムは、歯垢よりとても強力で、歯周病の原因菌が増殖し、歯周病になる要因となる物質がバイオフィルムに守られて、歯に対するダメージを増幅します。
 
 バイオフィルムの作られ方

1.歯の表面に被膜が形成されます。バクテリアとバクテリア由来の高分子が蓄積して膜になったもので、これらの高分子の多くはバクテリアが歯に付着するための粘着剤または受け皿となります。(特に歯と歯の間や歯ブラシの届きにくい所に作られやすいです。)

2.被膜にくっついたバクテリアは分裂・増殖を開始すると、付着したバクテリアのすみかがさらに成長し、歯垢中の生物の量がさらに増え、成熟してくるとバイオフィルムの複雑な構造が変化します。立派なバクテリアの隠れ家になります。

 

 バイフィルムが作られると

・抗菌薬への耐性が強くなり取り除くことがより難しくなります。
・バイフィルムは膜で被われているために酸素濃度が少なく、それらの環境を好むバクテリアが増殖しやすくなります。特に、歯周病菌などの原因菌は大変にそのような環境を好むため、増殖しやすくなるために歯周病にかかりやすくなります。

 
以上のことから、歯磨きなど、毎日の口腔衛生習慣によってプラークバイオフィルムの成長を阻止し、成熟させないようにすることは、衛生的で健康な口腔環境を維持するために必要不可欠です。
 臨床と実験室での研究から、超音波歯ブラシは手磨き用の歯ブラシよりも歯垢除去に優れていることが証明されています(Platt K. Jenkins W. Schmitt P. Sturm D. Hefti A. Data on file, 2007)ので、補助的に超音波歯ブラシをオススメしています。
 ただし、手用の歯ブラシのできない方は超音波歯ブラシの効果は最大限にいかす事はできません。また、人によって磨き方の癖もありますので、やはり定期的に歯科医院でのプロによる専門の歯科用器具を用いてお口の汚れをクリーニングされる方がバイオフィルムの増幅を防ぐ第一選択になります。

 

 

はぐくみの森 歯科クリニック

〒779-0221 鳴門市大麻町萩原字西山田107-7

四国霊場一番札所 霊山寺より県道12号を東へ800メートルの交差点にあります

お問い合わせ

お気軽になんでもご相談ください。折り返しお返事いたします。

メモ: * は入力必須項目です