3DSについて


 

 進行すると全身疾患にもつながる歯周病。

 日本では、現在において成人の80%が歯周病にかかっています。
 

 歯周病は
 ・歯ぐきの腫れ、出血を伴う歯肉炎
 ・歯を支える骨などの組織が破壊される歯周炎

があり、さらにこれらの活動が強まると細長い歯周病菌が増え、これらが血管に入り込んで全身へ入り込むと身体の中で免疫、生体防御、炎症などに直接、あるいは間接的に関与する炎症性の物質が身体のなかで作られ全身的な不調を起こします。
 

 歯周病は、お口の中の不調だけにとどまらず、

 ・心疾患
 ・肺炎
 ・糖尿病
 ・骨粗しょう症
 ・早産、低体重出産
 ・頭痛
 ・肩こり
 ・皮膚炎
 ・ガン   などを誘発するとされています。

 

 従来では、痛みがあれば痛み止め、歯ぐきが腫れたら抗生物質の服用が一般的でした。歯周病の予防には、正しいブラッシングと食後の歯みがきでしたが、歯周病菌は種類が多いために、これらのケアだけでは治らないケースも少なくありません。

 そこで歯周病の治療・予防のために新しく開発をされた方法が3DS(デンタル・ドラッグ・デリバリーシステム)です。
 
 3DSの方法

 

1.お口にどれくらいミュータンス菌などの虫歯菌や歯周病菌などが

  存在をするのか唾液検査で調べる
2.3DSを行なうのか判断
3.PMTCとよばれる歯科専門の機械を使った徹底的な歯の汚れを落とす
 (3DSによる効果を高めるために)
4.個人個人に合わせて選択されたジェル状の歯科用薬剤を

  専用のマウスピースの内側に塗り、5~10分ほど噛んでもらう

 

*これにより、歯ブラシだけでは届きにくい歯と歯の間などに充分いきわたり、

 より効果の高い歯周病の予防ができるようになります。

 

*細菌検査費用は保険診療外の治療になります。(希望の方のみ実施)

 

*3DSのトレーの料金は、当院ではいただいておりません 

 
 

はぐくみの森 歯科クリニック

〒779-0221 鳴門市大麻町萩原字西山田107-7

四国霊場一番札所 霊山寺より県道12号を東へ800メートルの交差点にあります

お問い合わせ

お気軽になんでもご相談ください。折り返しお返事いたします。

メモ: * は入力必須項目です