新しい2011年4月からのブログはこちら

 

 

 

2011年4月17日 がんばったね 徳島予防歯科医院 山内英嗣

 小さい時から来ているA子ちゃん。

 最初は、いやだいやだと言っていたのに、

 今日、しっかりと治療ができました。

 かばさんのような大きなお口をあけて、がんばっていました。

 

 もちろん、治療したのは嫁ですが…

 今日も、違うお子さんでしたが、大きな声で歌い子供が驚いた拍子に

 治療をしていました…

 私には、無理かも…

 

 さてさて、話を戻しますが、

 もし、むし歯がたくさんできて、いきなり来ていたら

 彼女は出来ていたのでしょうか?

 

 きっと泣き叫んでいたと思います。

 小さい時から歯科医院に通う…

 慣れることって、とっても大切だなあ~…

 

 でも、彼女が慣れてくれたのも、

 スタッフの温かい愛情があったからだと思います。

 

 "これできてないよ!"と怒る事が多いのですが、

 彼女たちの存在に感謝をしなければなりませんね…

 

 ありがとう

 

 

 


2011年4月10日 エンド治療 徳島審美歯科専門医 山内英嗣

 本日、歯科関係者には著名な根管治療の第一人者"山田國晶先生"の講習を

 嫁と二人で行ってきました。

 私もそうですが、まずは自分の歯を残す!それに尽きると思います。

 インプラントも大変いい治療ですが、残せれるなら残していく…

 そのためにも、さらに勉強のいる分野であると痛感しております。

 

 5月から岡山にて、ベーシックの講習会が開催されるために、

 嫁と二人で通う事にしました。

 はぐくみの森が、もっともっとよくなるために

 出来ることから一つずつ自分たちらしく歩んでいきたいと思います。

 

 

 


2011年4月6日 桜咲くころ 徳島インプラント専門医 山内英嗣

徳島 インプラント 歯科医院 歯医者

 桜咲くころ、我が家に新しい命の誕生。

 もちろん、嫁ではないですよ…

 我が家のサンタさんが

 ありがた~く届けてくれた

 本当は、届けてもらいたくなかった

 ハム太郎が出産いたしました。

 7匹もいます。

 子供たちは、ネズミを出し

 自然勉強に励んでいます。

 ネズミさんには、申し訳ないけれども

 本当にいい理科勉強です。

 なかなか触れることのできない

 大切な命でこどもたちにも

 温かい心が養えればと思います。

 

 誰か欲しい人いないでしょうか?

 間もなく親離れ出来ると思います。

 

 

 


2011年4月3日 納得のいく治療 徳島審美歯科専門医 山内英嗣

徳島 インプラント 専門 歯科

 後輩のドクターが来るようになり、

 さらに、一人一人の患者様の治療の質を

 あげていけている事に、感謝をしている。

 私しかできないことにも集中できるので、

 とても楽しく診療ができる。

 嫁もさらに院内感染に力をいれようと

 裏方も再度チェックできているようで、

 今後さらに充実した歯科医療を

 提供できるように、努力を惜しまず

 走り続けようと思う。

 

 

 


2011年3月30日 さらに… 徳島インプラント専門医 山内英嗣

 今日からドクターが増えます。

 今まで私、嫁と代診1名のドクターでしたが、

 さらに、私しかできない内容をもっと伸ばした方がいいという事で、

 徳島大学時代から信頼のできる後輩をお願いして

 勤務してもらう事にしました。

 計7名のドクターで診療体制を整えていきます。

 常時ドクター3名で診療を整えていく次第です。

 4名の時もあるので、定期健診の方は、ドクターチェックがスムーズになります。

 また、衛生士も新たに2名加わり、予防にも力を入れていきたいと思います。

 

 診療の充実、そして皆様に安心していただける歯科医院づくりを

 していきたいと思います。

 

 少し流れが出来るまで、バタバタとしますが、

 すいません。よろしくお願いいたします。

 

 

 


2011年3月26日 みんなでお誕生日 徳島審美歯科専門医 山内英嗣

徳島 インプラント専門 歯科医院

 長女のお友達が春休みということで

 お泊りをしに来ていました。

 ちょうど次女の誕生日も重なり、

 みんなで誕生会!

 

 家族だけでする誕生会とは

 一味違ったお誕生会になりました。

 みんなにとって、いい思い出になれば…

 素敵な笑顔のプレゼントをもらいました。

 

 

 


2011年3月24日 今できること  徳島インプラント専門医 山内英嗣

 はぐくみの森にも、数人の被災者の方がここ最近こられるように…

 テレビでの出来事ではない…

 ここ日本で起こっていること…

 胸が痛みます…

 

 でも、そんな中、お子さまが

 「徳島楽しい。好き!」と言ってくれていました。

 

 無邪気な笑顔の中にも、奥深く見え隠れをする不安も

 何となく感じますが、

 今、日本が一つとなって試されているんだろう…

 日々、自分が何ができるんだろう?

 考えるばかりで、実行が出来ていないことに情けなさを…

 

 小さなことからも、ちょっとしたことだけでも、

 みんなの力を合わせていくことができれば…

 

 素敵な国、日本を守っていくために…

 そして、小さな子供たちに、

 この素敵な国をしっかりバトンタッチできるように…

 

 だって、私たちもおじいちゃんおばあちゃんから、

 この素敵な国をもらったんだから…

 

 

 


2011年3月21日  幸せに感謝  徳島審美歯科専門医 山内英嗣

徳島 歯科 歯医者 インプラント

 2連休といったら、山内家恒例は

 嫁の実家へ御邪魔をすること…

 

 子供たちも大喜び!

 従兄弟と会えるのを楽しみにしている。

 

 たっぷり遊んで徳島への帰り道…

 ふと後ろを振り返ると

 スヤスヤスヤ…

 よっぽど楽しかったんだろうな…

徳島 歯医者 歯科 インプラント 審美歯科

 ただ、帰る途中に高速道路の反対車線を

 多くの支援車や消防車とすれ違った。

 きっと復興の協力の帰り道なんだと思う。

 家族の待つ帰路を帰られているんだろう…

 お疲れ様でしたと心で思いながら、

 こんなことを幸せと感じていられる

 日々を過ごせることに

 心から"ありがとう"

 

 

 

 

 


2011年3月18日  えがく展  徳島インプラント専門医 山内英嗣

 草の実学園の方々が

 手作りハンバーグのおいしい

 "ピノッキオ"さんで"えがく展"を開催中。

 

 お昼御飯も兼ねて

 拝見させていただきました。

 すごくカラフルな独特の色遣いと

 心のやさしさが率直に描かれていて

 たくさんのパワーをいただきました。

 

 彼らの才能は本当に無限だな…

 そんな中、自分自身の生き方にも

 その日暮的なことがある分反省です。

 

 いつも明るく病院にも来てくれる彼ら…

 たくさんの勇気と希望をくれます。

 これからも素敵な絵を描き続けてほしいです。

 

 

 

 


2011年3月16日  私どもにできること…  徳島審美歯科専門医 山内英嗣

 このたびの震災により、被害にあわれた皆様に

 心より哀悼の意をささげるとともに、謹んでお見舞い申し上げます。 

 

 東北は学会でよく訪れる所で、大好きな町の一つでもあります。 

 テレビからな流れてくる映像は想像を絶するものばかりで

 言葉にならず、涙が流れてくるほどでした。

 

 特に被災された小さいお子さまはどうしているんだろうか?

 寒空で救助をがれきの下で一人寂しく待っている子がいるんではないだろうか?

 考えるだけでも辛くなります。

 

 とにもかくにも、被災地の皆様のご無事と被害がこれ以上

 広がらないよう、祈るばかりです。

 

 そんな中、私は壮絶な思いをしている方々に、何もできないもどかしさと

 むなしさを痛切に感じていますが、

 今できることを精一杯するのみと思っています。

 

 被災地におかれましては、昼夜問わず、被災者の診療、救助に

 全力を尽くしていらっしゃる医療関係者に敬意と感謝の意を表します。

 

 日本全体が大変な危機的状況ではありますが、こういった時にこそ

 地域医療への更なる貢献に向け、ともに手を取り合い心血を注いで参りましょう。

 

 1歩でも2歩でも元気な日本へ向かうよう、前を向いて歩みを止めずに

 邁進していきましょう。

 

 私どもはぐくみの森歯科クリニックといたしましても、

 地域医療に取り組む医療機関への支援を通じて、

 我が国の地域医療に寄与すべく努力して参る所存でございます。

 

 最後に改めまして、被災地の1日でも早い復興と皆様のご無事を

 心よりお祈り申し上げます。

 

 

 


2011年3月13日 徳島動物園 徳島インプラント専門医 山内英嗣

徳島 インプラント 専門 歯科医院 徳島動物園

 春うららかな日和日に

 休日ではありますが、どこかに行きたい~!

 それは、山内さんちのお子さまたちの

 願いであります。

 ということで、とくしま動物園へ…

 

 本当は、休みの日はゆっくりと休みたい…

 その気持ちがないと言うとウソですが、

 動物たちをみて目をキラキラさせている

 子供たちを見られると思うと

 こっちまでも、違った意味でワクワク。

 連れて行ってやりたい!と思うのが親心。

 

 子供なりのいろんな発見に

 思わずこちらが教えてもらう事も!

 子供たちの力って、本当にすばらしい!

 

 

 

 


2011年3月10日 素直な心で…  徳島インプラント専門医 山内英嗣

 経営者は素直な心が大切だという…

 曇りなき眼で見定め、敵を知る…

 

 なるほど!ひらめいた!

 

 という事で、さっそく72時間ルール

 つまり、やろうと決めたら72時間の間にしなければ、きっとすることがない…

 というもの…

 

 おお~たくさんありました。

 スタッフのいいところ大発見。

 

 まず新しく勤務になった助手は、お昼休みひたすら自己練!

 すばらしい~

 涙が出そうになる…

 

 相変わらず天然の常勤衛生士…

 彼女がいるから、はぐくみらしさがさらにパワーアップ

 

 つっぱしる走る受付。

 彼女の前向きな所で医院がさらに活性化!

 

 素直になりきれていない助手…

 最近、犬を飼ったらしい。

 ペットセラピーなのか、素直に改造中。

 本当は、すごく心の優しい持ち主。

 責任感もつよい。たくましい存在。徳島マラソンがんばって!

 走って気持ちをリフレッシュ。

 

 いつも一歩後から付いていく衛生士。

 でも、あなたの丁寧なところは患者様も認めています。

 

 素直な気持ちを持つと自分自身が楽になる…

 何をそんなに自分を押さえつけるんだろうか?

 感謝をする。ありがとうを言う。

 今、僕たち夫婦に課せられた重要な使命。

 

 病院をしっかりと守り、地域のために患者様のために、そして自分自身のために!

 まずは、自分自身をしっかりと見つめ、

 素直な気持ちを持って、スタッフに愛情を持ち、

 毎日幸せに過ごせることに、僕たちをとり囲むすべての環境に感謝!

 

 

 


2011年3月6日  レオマワールド  徳島審美歯科専門医院 山内英嗣

徳島 インプラント 歯科医院 レオマワールド

 子供会の送別会で「レオマワールド」へ。

 子供たちはとても喜んでいました。

 

 でも、ちょっと何か違いますね。

 今、さらに復活をかけているというか…

 でも、なかなか廃れていこうとしている物を

 上へと上げることは、

 新規にオープンする事より、

 血のにじむ努力が必要!

 

 新しい時は、物珍しさに大勢の人が訪れ、

 時代とともに廃れていく…といったような…

 

 人間は新しい物好きですからね。

 仕方ないのかもしれない…

 でも、老舗といわれるお店もしっかりと今の時代も残っています。

 どちらがよいか…???

 

 人の価値観にもよるかもしれないけれども、

 私は、一経営者として「はぐくみの森」を老舗歯科医院にしてみたいと思います。

 何十年後も、みなさんに愛される歯科医院…

 そのためには、常に前向きに、そしてどんなこともまずやってみる。

 

 私たちは、患者さまから診療報酬をいただいて生活をさせてもらっています。

 患者様に今の幸せな生活の基礎となるお金をいただいています。

 老舗歯科医院になり、自分のために家族のためにスタッフのために

 そして何よりも患者様のために…

 日々努力を惜しまず、がんばっていきたいと思います。

 

 

 


2011年3月5日  まだまだ春は遠かった… 徳島審美歯科専門医 山内英嗣

徳島 審美歯科 歯医者 鳴門市

 「紅梅の 思わぬ寒波に 白化粧」

 朝から一句…

 もちろん、嫁作

 そんな事を俳句にするのも…と思いますが。

 嫁の行った高校は正岡子規の母校らしい…

 だから、よくいろいろな俳句を知っている…

 

 育つ環境は怖いですねえ~

 

 患者さまに

 「お子さんのふとっちょ父さんよかったですよ…」

 と報告を受けました。

 

 嫁ブログの方に子供の作文を載せているようで…

 みなさんにこんなお恥ずかしい物をお読みいただきまして、

 この場をお借りいたしましてお礼申し上げます…

 

 文才能力は、彼女譲りかもしれませんね…

 

 


2011年3月2日 もう春ですね  徳島審美歯科専門医 山内英嗣

徳島 審美歯科専門 鳴門

 「春眠暁を覚えず…」なんて、

 人間だけかもしれませんね。

 裏の梅の木はしっかりと

 花を咲かせております。

 

 自然はすごいですね。

 いつも自分をしっかりと見つめている…

 いったい人間ってなんなんでしょう?

 ちっぽけな生き物ですね。

 常に上を向いて生きていかなければ…

 

 

 


2011年2月25日 こらからきっと変わる  徳島インプラント専門医 山内英嗣

 嫁はいつも言う…

 「大学で地道にここまで頑張ってきたんだから、

  これからが最終仕上げ!あなたらしくしていかないと…」

 

 それに伴い、かなりの医院改革が必要…

 ソフト面、ハード面…

 

 今が決して悪いわけでもないけれども、さらにこれからもっともっと…

 衛生士のスキルアップ、ドクターのスキルアップ

 アシスタントのさまざまな教育…

 

 専門歯科医院の名にふさわしいさらなるクリニックを目指して…

 

 そんな中、前を向いていこう!としてくスタッフがちらほら見られる。

 決して私たち夫婦だけが出来ることではない…

 険しい山道があるのはわかっていながらも、

 一緒に登ってくれようとするスタッフ。

 

 そんな彼女たちをみていると、きっとどこへ出してもはずかしくない

 素敵なスタッフに成長をしていくんだろうな…

 年齢なんて関係ない!

 自分自身のために、患者さまのために、クリニックのために…

 

 まだまだ僕も登り続ける課題もおおいけれども、

 共に上を向いて歩んでいければと思う…

 

 

 

 


2011年2月24日  ファーストシューズ  徳島インプラント専門医 山内英嗣

インプラント 徳島 歯科 歯医者 

 保育園の先生から

 "足が小さくなったので…"と

 持ち帰った次女のファーストシューズ。

 三人目という事で

 あまり買えそろう事もなく

 靴だけは買ってあげよう!ということで

 購入したもの…

 寂しい気もするけれども、

 子供の成長に嬉しい気もする…

 "ありがとう"

 

 

 


2011年2月20日 徳島大学講演  徳島インプラント専門医 山内英嗣

徳島大学 インプラント 歯科 専門 歯周病

 徳島大学同窓会の主催の会にて

 歯周病学の勉強会があり

 座長をさせていただきました。

 これからの歯科治療にさらなるみがきをかけ

 そして、しっかりと日々の治療に

 全力を注いでいきたいと思います。

 

 東京医科歯科大学 和泉謙一先生

 本当に徳島までありがとうございました。

 

 

 


2011年2月18日  人間ドック 徳島インプラント専門医 山内英嗣

 嫁のススメもあり年に一度の人間ドックを受けて参りました。

 ちょっと飲み過ぎのようで・・・

 毎晩、嫁と仲良く飲んでいます!といいたいのですが、

 お世辞にも仲良くというより、嫁に対するやけ酒と化しております・・・

 

 今回は常勤のスタッフにも自分自身を大切にしよう!という提案

  *もちろん嫁が権限を持っています

 から"人間ドック"を受けてもらいました。

 

 どんなことからも、まずは身体が基本。

 健康であるからなんでもできる。

 当たり前になっているから余計にわかりにくい・・・

 失ってはじめて気づくことも多い・・・

 

 健康ハッピーライフ

 それにしても、彼女は元気ですね。

 

 

 

 


2011年2月14日 バレンタインデー  徳島インプラント専門医 山内英嗣

インプラント 徳島 歯科 雪

 お昼前からしんしんと降り続け

 気づけば北国のように変貌…

 

 第二弾の雪ですね。

 しかも、前回よりは大雪。

 病院前もすっかりと雪化粧です。

 しかし、キャンセルをされる方も

 いらっしゃいましたが

 なんとか来れましたという患者さまも…

 本当にありがとうございます!

インプラント 徳島 歯科 歯医者 雪

 そんな気持ちで治療をさせていただきました。

 

 そんな中、ふと外を見ると、怪しげな服装に

 モップを持って嫁が歩いている…

 

 どうやら雪かきをしていたらしい…

 理由を聞くと

 「こんな中で来られている患者様が

  けがをしたら、いけないでしょ…」との事…

 

 こういう思いをもって診療をしている嫁が

 かっこいいと思った…

 歯を治すだけでなく、

 こういった心配りまでをもし、

 患者さまのために…という思いを持ち続ける…

 彼女がいるから、病院があるんだなあ~と…

インプラント 徳島 歯医者 歯科 雪

 よく彼女と話していると

 「私たちの患者さま…」という言葉を聞く。

 

 "無事に来ていただいて、よかったです。

  いつもありがとうございます。

  これからも、よろしくお願いいたします"

 

 いつも、僕たちの夫婦の中にある気持ち…

 バレンタインデーの日にふさわしい、

 心あたたまる

 "はぐくみの森エピソード"でした。

 

 いつも、支えてくれてありがとう…

 でも、その気持ちを僕の対応にも

 少し分けてくださいね。

 僕の心の中は、

 今、極寒の極地に達しております。

 

 

 

 

 


2011年2月11日 素足でもへっちゃら 徳島インプラント専門医 山内英嗣

インプラント 徳島 雪 歯科

 すごい寒波なのに雪遊びをしている足は

 うちの子供たち素足…

 靴下を履かしているのに、暑いと言って

 脱ぎ捨て この有様…

 

 元気はいいのですが

 見た目にはよくないですね。

 

 

 

 


2011年2月10日  インフルエンザ  徳島インプラント専門医 山内英嗣

 "インフルエンザもピークを迎えて衰退しております"と言いながらも、

 周りでちらほらかかる人をみると、まだまだ油断大敵ですね。

 

 おかげさまで、山内家はみなさんお元気そうで…

 子どもも、もちろん鬼嫁さんも…

 

 彼女の元気な遺伝子をしっかりと受け継いでくれているので

 うちの子どもたちは、病院にお世話になるのは年に1度くらい…

 

 小さいお子さまは、よく医療費がかかるといわれますが、

 うちは大切な社会保障の財源を使うことなく、幸せに過ごせていることに

 元気で生まれてきてくれたことを感謝するばかりです…

 

 嫁いわく風邪予防には"朝の歯みがき"をしっかりとのこと…

 

 

 


2011年2月6日  徳島インプラント専門医 山内英嗣

インプラント 徳島 動物園 歯科

 上を見上げて

 "きゃっっきゃっ"と笑っている…

 とても、あどけない笑顔に

 心が朗らかになるのは、私だけでしょうか?

 

 疲れをとるには、今、嫁になんと言われようと

 なるべく休みの日には家族についていき

 子どもの笑顔を見るべし!

 

 僕の家族に対するポリシー!

 こんな笑顔を見るとたまらなくなる。

 

 嫁には絶対にない笑顔…

 心のオアシスは子ども…

 

 結婚する前はかわいかったんですが…

徳島 インプラント 動物園 さる

 ちなみに、何を見て喜んでいるかというと

 徳島動物園の"りすざる"

 

 とても天気が良かったので…

 でも、みなさん考えることは一緒ですね。

 大学の同級生やはぐくみキッズにも

 会う事が出来ました!

 

 やっぱり子連れは動物園ですね。

 

 

 

 


2011年2月5日 徳島インプラント専門医 山内英嗣

 いつも一緒にいると、当たり前になっていて"ありがとう"すら言えないことも…

 スタッフにももちろん、出入りの業者さんにも…

 そして、家族にも…

 

 でも"素敵いろメガネ"で周りを見渡すと

 どれだけ、いろいろと助けられているかがわかる…

 

 ちょっとしたことでイラッとしたり、ちょっとしたことで怒ったり…

 人生を無駄にしているなあ~と思う。

 

 最近、嫁の

 "そんなこと言わない方がいいよ~。みんなに助けられているんだから…"

 この言葉が多くなってきている…

 "ありがとう"って思うと、自分が楽になるよ~との事…

 

 確かにごもっともですね。

 

 鬼嫁の心にも hot heart❤ ですね

 

 

 

 

 


2011年2月3日 徳島インプラント専門医 山内英嗣

徳島 インプラント 歯科 歯医者 鳴門市 豆まき

 今日は節分。

 ということで"豆まき"

 

 保育園で作ったお面をかぶって、

 "鬼は外、福は内"の掛け声。

 

 今年もいい年になりますように…

 みんなが幸せでいられますように…

 

 でも、うちの家には、いつも鬼がいるので

 縄張り争いをしているのでしょうか、

 違う鬼が寄りつきません。

 ある意味、いいのですが

 ある意味、毎日おびえています。

 

 そう、それは"鬼嫁"

 

 

 


2011年2月2日 徳島インプラント専門医 山内英嗣

徳島 インプラント 歯科 歯医者 鳴門市

 患者さまから

 いつも頂く子ども用のスモッグ。

 前回と比べると

 少し大きくなっているのを見て

 しみじみと子どもの成長を感じます。

 

 本当に重宝いたしています。

 

 かわいらしいプレゼントに診療室にも

 あたたかい風が吹きました。

 

 

 


2011年1月31日 徳島インプラント専門医 山内英嗣

徳島 インプラント 歯科 専門 歯医者 雪

 本当にあの猛暑はいずこへ~

 雪が降っていますね~

 

 でも、子どもたちは外で走り回っています…

 元気が一番といったところでしょうか…

 

 挙句の果てに家の中に入ってきて

 "暑い~"と服を脱ぐ始末…

 嫁は"寒いから着なさい!"と激怒中…

 

 こんな会話ができるのも元気印の証!

 健康でなければ出来ないこと。

 

 元気だからこそ、なかなか気づいてあげれることがないけれども、

 本当は、とってもありがた~い神様からの贈り物のような気がする。

 うちの子どもたちは、本当に病院にお世話にならない健康優良児だと思います。

 

 

 


2011年1月28日 徳島インプラント専門医 山内英嗣

 久しぶりの大学での勉強会で、嫁の遅い帰宅…といっても11時くらいですが、

 なかなか子どもたちも落ち着かない様子で、

 ざわざわとしておりました。

 

 "ママは?"と何度も尋ねる次女…

 まだ、1歳なのにわかるんですね。

 

 そうこうしていると、やっとのことで寝てくれて一安心。

 嫁がその後帰ってきてくれ、寝る場所をチェンジ。

 

 そこからは、僕は夢の中でしたが、

 全員がその後どうやら起きたらしい…

 

 "まま!"と起き上がったり、手でごそごそと確認をしたりと…

 

 お母さんって、子どもにとって大きな存在ですね。

 すごく怒られるのに、大好きなんですね。

 ちょっとうらやましいなあ~…

 

 

 

 


2011年1月25日 徳島インプラント専門医 山内英嗣

 子どもには、母の存在が大きいのかも?と思う事が日々あります。

 今回は、ちょっと"うんこ"のネタが多く申し訳ないのですが、

 実は、長男4歳になるのですが"うんこ"の時だけ

 おむつに履き替えて家の隅の方でするんです。

 

 そろそろ幼稚園ですし、これではいけないなあ~と思っていたのですが

 (どうやら母親に言わせると僕自身もそんな感じだったらしい…)

 嫁が"ママとだったら、絶対にトイレでできるからやってみよう!"

 の一言でこの何年間もの期間が、あっという間に解決…

 

 やっぱりいざとなるとお母さんなのですね。

 なかなか子どもとの時間をしっかりととってあげることができない状況

 つまり、嫁がいないと医院が回らない…

 頭がさがるおもいですが

 いかなる時も子どもたちを温かく見守ってくれているので

 ありがたいなあ~と思います。

 

 


2011年1月23日 徳島インプラント専門医 山内英嗣

 兄弟が多いと、下の子どもの成長って本当に早いな~と思います。

 実際は、最初の子と比べるとすべてが新鮮でないので、

 つまり3回目の子育てなので、なかなか驚かないのですが、

 次女つまり3番目の昨日の言葉に驚きました!

 

 お食事中の方がいたらすみません…

 

 「にいちゃん、くさいうんこしよる」というのです。

 まだ、1歳9か月です。

 親ながらに驚きました…

 

 もちろん"うんこ"ではないですよ。

 この文にです!

 

 本当は一つ一つ出来ていくことに関心を示してあげないといけないのですが、

 なかなか出来ていないことに反省…なんですが、

 ちょっとしたことで、いつも心をなごましてくれる

 3番目の娘でした…

 

 

 


2011年1月21日 徳島インプラント専門医 山内英嗣

 徳新に"仕事って何?"という連載がある。

 その中に、なるほどなあ~と経営者からは痛~い話が書いてある。

 

 ちょっとした社員のミスも怒れない…と書いてある。

 理由"辞めてしまうという事を心得ているから…"

 

 これってどう思います?

 私にも苦い経験があります…

 本当に些細なことですが、患者さまのためにならない!と

 意を制して言ったところ、スタッフが辞めてしまったという事態…

 仕事への価値観を与えれていなかったという

 経営者としての未熟もあるかもしれませんが、

 やはり、医療人としてゆずれないところがあったので一言そえると…

 

 仕事って誰のためにするんだろう?

 自分のお金儲けのためだけにするんだろうか?

 

 仕事とは、私自身であれば

 患者さまのために、地域のために…そういう事が入ってくるだろうか?

 

 自己中心的な考えでは仕事は絶対にできない。

 社会とのつながり、貢献をしっかりと考えると、今なにをするべきか?

 自ずと答えはあるはず…

 

 

 

 


2011年1月20日 徳島インプラント専門医 山内英嗣

 はぐくみの森には、京都、香川、淡路、大阪などから

 高速バスや電車を乗り継いでお越しいただいている患者さまが多くいます。

 ありがたいなあ~と思いつつも、こんな遠くまでお越しにならなくても

 近くに歯医者さんがあるのでは???と思い、失礼ながら

 「お越しいただけるのはありがたいのですが、大丈夫ですか?」と尋ねると、

 「先生の所は、いい治療をしてくれるから…」との返答…

 

 いい治療って何なんでしょう?

 もちろん、インプラントも審美歯科も自分で言うのもどうかとおもいますが、

 決して妥協はしていないし、たとえもし別の歯医者さんに治療を見られても

 胸を張って堂々とここまでしています!と言いきれます。

 

 でも、患者さまって本当にわかるのでしょうか?

 歯科医師から考えるいい治療…

 

 では、いい治療ってどう評価をしているのでしょう?

 きっと、スタッフの対応であったり、スタッフの思いが医院をよくし、

 そして、患者さまに評価をしてもらえるのかあ~と思う事もあります。

 

 そう考えると全員完ぺきにスタッフ教育ができています!と言い難い

 私の院長としての力量のない状況の中、

 チーフやサブチーフのモチベーションの高さや

 私たちの姿勢についてきてくれる思いに感謝をしなければ…

 人はひとりでは、決して生きてはいけない!

 もちろん、嫁にもたくさん助けられています。

 いつもああこわそうに見えてやさしい、

 そしてモチベーションをあげてくれることを言ってくれます。

 「あなたらしい診療を忘れないで…

  患者さまをたくさん見ればいいわけじゃないから…

  あなたが納得のいく治療をしていきましょう。

  私は、お金持ちになりたいわけじゃないし…」

 そう言ってくれます。

 

 ありがとう…

 

 でも、喧嘩をしたら「私はもっといい人と結婚できていた!」というのは、

 心が気づつくので言わないでほしい…

 

 

 


2011年1月18日 徳島インプラント専門医 山内英嗣

板東ゆたか保育園 鳴門市 歯科 歯医者 徳島 アルバム

 保育園の思い出アルバムが

 出来上がっていました。

 切ったり貼ったりしていて

 よくできていると思います。

 お昼休みちょこちょこと

 作っていたようで…

 春先の写真ですら、もう全く違いますね。

 子どもの成長って早いですね。

 一日、一日あっという間に

 過ぎ去ってしまう時間を

 しっかりと子どもと向き合って大切にすごさなければならないなあ~と反省。

 もちろん歯科医師の仕事は、とても私にとって大切なもの…

 だけれども、子どもがいるからさらにがんばろうと思える…

 本当に、私にとって子どもは心の支えになっている…

 

 

 


2011年1月16日 徳島インプラント専門医 山内英嗣

 今、病院の嫁の机の上がかなりあれている・・・

 色紙だの切り抜きパンチだの・・・

 何をしているんだろう?とそっとのぞくと

 子供の写真をアルバムに貼っているようす・・・

 

 うちの家はデジカメで撮りっぱなしなので、いつ現像したんだろう?と思いながら

 またまたよ~くみると、保育園の写真。

 嫁に尋ねると、

 "なんか毎年するんだけれども、私の性格上するなら後悔の無いようにしたい"

 とのこと・・・

 確かに、園のお便りでは張ってくださいとは書いてるけれども、

 ここまでしないといけない!とは書いていないと思う・・・

 

 この1年間、行事プリント、新聞の切り抜きなどコツコツためて

 それも一緒に貼り付けている・・・

 

 という事は、彼女の年間予定に、すでに組み込まれて、

 意識をして集めていたんだろうな???

 

 こわ~い

 

 

 


2011年1月13日 徳島インプラント専門医 山内英嗣

 私は本当に恵まれていると思う。

 それは、仕事がとても楽しいから…

 この世の中に、つまらない仕事なんてないと思う…

 つまらないと思うのは、携わる人がつまらなくしているだけ…

 どんなことも一生懸命すれば、とても楽しいと思う…

 

 患者さまとしっかりと話して、いろいろなことを一緒に考えたり、

 悩んだりしたりすること…

 そして、治療が終わった後に"ありがとう…"そんな事を言われる職業…

 

 歯医者になって、よかったな~と思う。

 私の天職なのかもしれない…

 今のこんな環境に自分がいられることも、すべて周りの人に支えられているから…

 

 そんな気持ちも忘れずにいないといけないなあ~

 

 

 


2011年1月12日 徳島インプラント専門医 山内英嗣

 思わずブログの見出しをつけるときに、2010年なんて書いてしまいそうに…

 まだまだ新年へのスタートがここでも切れていませんね…反省。

 

 彼女が今年になって、たまっている歯科雑誌を捨て始めました…

 しかも、びりびり破いて…

 これには、とうとう狂ってしまったのか???

 それとも俺に対する腹いせなのか???とも思いましたが、

 理由を聞くと

 「結局、雑誌って置いておいても読まないし、いる所だけファイルする

  期間をきめて、再読する」というのです…

 

 どう思います?

 こわ~い人だと思いました…負けないように僕も早く何かを始めないと…

 

 

 


2011年1月10日 徳島インプラント専門医 山内英嗣

十日えびす 徳島 鳴門市 歯科 歯医者

 お正月が終わったと思ったら、

 すぐに連休ですね。ちょっと嬉しい…

 

 こういう連休の時は必ず、嫁の実家へ…

 

 でも、行く前に十日えびすだけは、

 この一年のお礼も兼ねて

 一番先に行っておきたいと思い

 松山へ行く前に、ご挨拶に行ってきました。

 古い笹を返納し新しい笹をもって

 記念撮影!

 

 この一年もずっとお守りください。

 そして、僕自身はすべての人から

 支えられているという初心の気持ちを

 忘れずに…

 

 リフレッシュ続きですが、これもいい診療をしていくためには大切…

 でも、嫁には24時間どんな時も病院のこと

 そして患者さまのことを考えなさい!といわれます。

 そういう気持ちが必ずいい治療につながる…

 確かに、そうだと思いますが、彼女の意志の強さには驚きです…

 

 

 


2010年1月8日 徳島インプラント専門医 山内英嗣

 新年の挨拶ってステキですよね。

 今年初めて実感いたしました。

 

 "あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。"

 

 日頃の感謝も含めてなかなかお礼なんて言う機会がない方にも

 今までありがとう。いつもありがとう。これからもよろしく!

 そんな気持ちがわき起こってきて、新鮮な気持ちになれますね。

 

 このいい気持ちをずっと持ち続ければと思います。

 

 

 


2011年1月7日 徳島インプラント専門医 山内英嗣

 家族で温泉に行ってまいりました。

 とても寒~い日が続いているので身体の芯からホットしました・・・

 日本っていい国ですよね。

 

 自然がたくさんあって、ゆっくりと出来る余暇がたくさんあって・・・

 地球の水質汚濁が問題となっているなんて、

 温泉に入っている私には考えられません。

 

 でも、やっぱり今日も怒られました。

 そりゃ気持ちはわかります。

 

 僕だけが男性風呂で、残り嫁と子供3人が女風呂ですからね。

 走り回ったらしく大変だったらしいです・・・

 嫁はうっぷん晴らしに生ビールを飲んでいました。

 それがまずかった・・・家に帰るまでやめとこうと言えばよかった・・・

 毒舌トークの始まり・・・

 ここは辛抱強く聞くべし!

 僕も少し成長しましたね。さらに成長できる年にしたいです。

 

 

 


2010年1月5日 徳島インプラント専門医 山内英嗣

徳島 マラソン駅伝 歯科 歯医者 鳴門市

 医院前を徳島駅伝の勇者が通過!

 こんなこと嫁に言わせると

 "絶対にあんたには無理やね"といわれますが、

 応援はできます!

 しっかりとランナーと

 心は走ってまいりました。

 今年の目標に子どもの送り迎えは自転車!

 を入れてみようかな~と思いました。

 でも、夏は暑いし、冬は寒いし~

 心がまだまだ弱い男です。

 

 

 


2011年1月4日 徳島インプラント専門医 山内英嗣

 今日まで充分にお休みをいただきました。

 ありがとうございました。

 明日からは、また大好きな臨床をがんばりたいと思います。

 

 このお休みの期間、長女がニトリに行ってしまったのも問題はあるのですが、

 一人で寝たい!という事で長女の部屋の整理を手伝いました。

 ちょっと寂しい気持ちもしましたが、一歩ずつ大人への成長をしているのですね。

 ある意味うれしい親の愚痴かもしれません…

 

 

 


2011年1月3日 徳島インプラント専門医 山内英嗣

福笑い 正月 徳島 歯科 鳴門市 歯医者

 100円ショップで買った福笑い。

 やってみると意外と面白いですね。

 昔懐かしのおもちゃです。

 100円でなかなか遊べます。

 でも、子どもたちは????って

 感じでした…

 なんとなく寂しい感じがしました…

 いい物は、ずっと引き継いでほしいですね。

 

 

 


2011年1月2日 徳島インプラント専門医 山内英嗣

初詣 大麻比古神社 徳島 歯科 歯医者 鳴門市 

 大麻比古神社へ初詣に行ってきました。

 毎年の新年恒例行事です。

 今年も家族全員が楽しくいられますように…

 とお願い事をしてきました。

 

 嫁に"何をお願い事したん?"と聞くと

 "私は仏心なんてないから、お願い事してない。

  ただ、お世話になりました。

  ありがとうございました!って言った。

  ありがとうって心が落ち着く言葉だね…"

 

 なんか嫁が男前に見えた…

 僕たち夫婦は男と女が逆なのかもしれない…

 

 いつもすっぴんだけれども、これからも

 素敵な男前な女性でいてほしいと思った。

 

 

 

 

 


2011年1月1日 徳島インプラント専門医 山内英嗣

 今年もよろしくお願い申し上げます。

 

 私の今年の目標は、歯周病の勉強をがんばってみようと思います。

 インプラント、かぶせ物、かみ合わせの専門医として

 さらに上を目指していこうと思います。

 病院事務のことは、嫁にすべてを任せ、良質の医療を皆様に提供できるよう、

 臨床を重視していきたいと思います。

  

 

 

東京 ディズニーランド 徳島 歯科 鳴門市

 昨年の年末は自分ご褒美として

 ディズニーに行ってまいりました。

 たくさんの夢と感動を与えてもらいました。

 もちろんミッキーやミニーからもですが、

 一番の感動は子どもからいただきました。

 

 きらきら輝く瞳を見ると

 これからもずっと見守ってあげたい!

 そして、健やかに成長をしてほしい!

 親としての一番の夢かもしれません…

 

 また、日ごろ下の子たちの成長ばかりに

 目をとられていましたが、

 長女が一人でビックサンダーマウンテンに

 乗っているのを見て、

 成長ぶりに感動しました。

東京 ディズニーランド 徳島 歯科 鳴門市

 長男は相変わらずの恥ずかしがり屋。

 でも、キャスト全員にパレードの後

 バイバ~イと手を振る姿を見て、

 周りの人もみんなにこやかな笑顔…

 子どもって本当に世界の平和なんだ…

 そんな気持ちになってしまいました。

 この子たちのためにがんばろう。

 人生の励みにもなります。

 もちろん、自分自身のためにもがんばります。

アンバサダー ディズニーランド 東京 徳島 鳴門市 歯科

 番外編ですが、

 嫁の一番のこの旅行の笑顔の瞬間は、

 お風呂で泡まみれ事件でした…

 

 これって、家でも笑ってもらえるかも?

 明日の山内家の希望も見つけてきました。

 

 たくさんの感動と夢をたくさんもらい、

 明日の自分への励みへと

 つなげていきたいと思います。

 

 

 


はぐくみの森 歯科クリニック

〒779-0221 鳴門市大麻町萩原字西山田107-7

四国霊場一番札所 霊山寺より県道12号を東へ800メートルの交差点にあります

お問い合わせ

お気軽になんでもご相談ください。折り返しお返事いたします。

メモ: * は入力必須項目です