2014年 12月7日 インフルエンザワクチン

ある年から、インフルエンザのワクチンを嫁がやめました。

「してもしなくても、かからないからとか、何かよくわからないけれども体にあまりよくない?」

とのこと。


あまり、反抗をすると非常に恐ろしいので、従うしかなく数年経過。

かかりませんでした。


今年からは、スタッフにも少し協力をしてもらって、栄養改善を行うらしいですが

私にはわかりません。


いい結果がでたら、患者様にもお伝えしようとのこと。

食べることって大切なんですね。

毎日の食事を作ってくれる妻に感謝です。



2014年 9月30日 気持ちいい環境で治療できます

新しい環境での診療も始まり、少しバタバタする事もありますが

でも、広い診療室での治療は自分もリラックスできて

いい治療を患者様にご提供できているのではないかと自負しています。


ただチェアが2台しか増えていないのに、なんとなくバタバタする事もあり

改善改善の毎日が嫁にとって課題が大きそうで

ちょっとストレス気味なのかなあと思います。


とばっちりがこないようにとは思っていますが、

これもそれも、私が悪いので仕方ないですね。


私が診療しかしていない事に彼女が怒っているのですから…

その分、集中できるのでいいのですが

彼女曰く、最低限はすりあわせ必要との事でバッサリ切られます。


夜のお酒が待ち遠しい秋の夜長


まあ、夫婦とはいろいろあります。

でも、これからも地域に愛される医院作りをしていきたいと思います。



2014年 7月29日 インプラント専門医として歯科衛生士を育てる

ボーナスの時期もあってスタッフ面談もそこそこ進んでいるとき

あの思い立ったら即実行の嫁の一言でした…

 

はぐくみの森の歯科衛生士、全員、日本口腔インプラント学会はいらせよう!

そして認定衛生士とらそう!

 

そして、さらなる一言

 

それが、あなたの専門医としての仕事!

さらに上を目指して彼女たちに自信を持ってもらおう!

 

それぞれの家庭の事情もあるので、すぐとれる訳ではありませんが

しっかりと資料も揃っているので

彼女たちにチャレンジする機会を与えていきたいと思いました。

 

そうする事で、自分自身も高める事が出来ると思うからです。

そして、それが患者様へも繋がる。

 

彼女の突発的なアイデアはどこから生まれてくるか分かりません。

振り回される事もあり、戸惑う事もあるけれど

力強い存在でもあります。

 

しかし、あの活動力はどこからくるのでしょうか。

元気すぎて困ります。

 

 

 

2014年 7月3日 重金属のおそろしさ

 徳島大学に在籍しているときから

 金属アレルギーについては皮膚疾患がからむという事はよく知っている。

 きれいに改善をする人も多く見かけた。

 

 ただ、全身的なことなどにも絡んでくることはあまり私も知らない。

 

 ある一人の患者様の奥様に突然診療室で話しかけられ

 「適切な処置と指導により主人が改善してきました。ありがとうございました。」

 といわれた。

 

 と言われても、実は私は嫁に言われる通りに動くだけで、

 実際、彼女の指導内容をしらないし何故、そのような歯科処置がいるのかも

 実は理論分からず、機械のように指導され動いているだけ…

 

 もう少し勉強せねばいけません。

 でも、無理だと思うので、そちらは彼女に任せましょう。

 後は私が言われるがままに行うだけ…

 

2014年 6月18日 患者様からありがとう…

 定期検診の方で嫁からの生活習慣のアドバイスを受けて

 とても改善した患者様から

 「あれから何も問題なくいけてるんです」とのこと

 患者様からいただく言葉に 心の器が嬉しさであふれました。

 

 嫁いわく、あと5年以上は勉強をしないと納得いかないらしい。

 でもできる事から医院に取り入れていくとのこと。

 

 患者様のために、歯を削るだけでなく、インプラントをいれるだけでなく

 こういった食生活の改善や生活習慣改善のアドバイスも

 歯科医院としてでき、地域医療の貢献につながるんだと思いました。

 

 いろいろと夫婦間で悪天候や快晴にになったりと

 忙しい夫婦ですが

 お互いに助け合う事ができる良い関係と思っています。

 

 私が我慢すればですが。

 

 彼女の勉強をもう少しの間、応援してあげようとおもいました。

 

 

2014年 3月23日 第17回口腔インプラント専門医臨床技術向上講習会

3月23日、大阪歯科大学100周年記念館にて、日本口腔インプラント学会主催の第17回口腔インプラント専門医臨床技術向上講習会に出席いたしました。『安全・安心のインプラント治療を目指して』というテーマで開催されました。インプラント材料から歯周組織の取り扱いや上顎臼歯部の難症例について、講演者自身の失敗例をまじえながらインプラントのマテリアルから臨床まで勉強してきました。

 

これからも日本口腔インプラント学会の専門医として安心・安全なインプラント治療を提供していくよう努めて参ります。

2014年 3月17日 徳島人4月号

『オシャレ化する歯科医院』というテーマで徳島人4月号10ページにはぐくみの森歯科クリニックが掲載されました。

3月17日の朝、郵便受けをみるとメディコムさんから徳島人4月号が送られてきていました。開けてびっくり特集のしかもカラーページの1番目の10ページに掲載。

 

これからもはぐくみの森のスタッフ一同、患者様にお口の中から全身の健康をお守りしたいと思っております。

 

日本口腔インプラント学会専門医 山内英嗣

2014年3月1日  セレック

最近、嫁は金属をお口に入れる事を本当に怖いという

根っこの治療の大切さもかなり言う

 

どうやら全身につながるからのようだ

 

セレックも購入に関しても私が思うところは

補綴専門医としては(日本補綴歯科学会 つまり審美的かぶせ)はばが広がり

みなさまにいい治療をもっと選択肢を広げて提供できる事に喜びを感じていただけだった。

 

嫁は、さらに付加のある物だと言う。

お口の疾患は全身につながるという事。

 

先日も右下を3年前に抜いた方が最近どうも調子が悪いというらしい

左でかんでいるようだ

今までの私なら両方でかむのが大切だと言ったと思う

でも、それも間違いではないが更なる奥が深いと嫁から指導

 

たまたまその方は血液検査のデーターを何年も持っていてみせていただいたからだ

明らかにお口の重金属汚染が絡んでいる様子

左にはあまりよくない金属が入っているからだ

抜いてから、加速する疲労はどうやら左にしている詰め物からの重金属汚染。

 

そういう意味があるんだとセレックのあらたな使い方に私も今興奮中。

3月11日入ります。

 

根っこの治療も大切らしい。

山田先生に教えていただいた事をしっかりと忠実に守り

マイクロスコープを使った診療を心がけたい。

 

歯科の3種の神器がいよいよそろいます。

これからも患者様によりよい医療、そして全身の健康につながる医院を目指し

がんばっていこうと思います。

 

2014年 2月7日 臨床研修施設指定証

平成25年11月25日付で厚生労働省より、はぐくみの森歯科クリニックが歯科医師の臨床研修施設として指定を受けました。
指導歯科医師として、若手歯科医師の指導に携わるとともに、はぐくみの森に来院される患者様に最良の治療を提供していくよう努めて参ります。

2014年 2月6日 怒られっぱなし

最近、嫁は医科歯科連携をかなり勉強している。

特にアレルギーについては子供にもかなり気を使っている。

といいながら、一見うちの子供たちは全くないのですが…

 

でも嫁曰く「即時型がないだけだー」とのこと

 

金属アレルギーについてもかなり敏感に反応する

なんかよくわからないけれども大事らしい…

大学でパッチテストをするのが私の大学時代のスタンダードだったけれども、

どうやらそれだけでは駄目らしい。

 

ここはお任せするしかない。

嫁に

「あんたは技術あるからそれしとき!」とのこと

言われるがまま踊らされ続けられるのだろうか…

でも、なんでそんなに勉強が好きなんだろうか?

 

嫁曰く

「何をしたいのかがあるからだよ」という

でも私から言わせれば

「俺をこらしめたいんだろう!」と疑う…

 

でも嫁の勉強している事にはどうしてもセレックがあったらいいなあということで

セレックを買ってくれそうなのでルンルンな私です

導入していただけるよう神様嫁様にお祈りしときます。

高いのでわからないですが…

欲しいなあ…

 

 

2014年 1月26日 宝田恭子セミナー

宝田恭子先生のセミナに出席しました。

なんと58歳だそうで…

信じれません。

入れ歯からのアンチエイジングも勉強しました。

インプラントはよくかめる

でも、入れ歯はハリがでて見た目が美しい…

 

確かにそうだと思います。

いろいろなやり方があると思いました。

その横で嫁が

「私、あんなになったらどうしよう…」と言うので

「無理やろ」というと

一発げんこつが飛んできました。

 

 

2014年 1月22日 誕生会

今日のお昼休みに47歳の誕生会を1月生まれのスタッフと一緒に開いていただきました。似顔絵入りのチョコレートケーキ。本当においしかった。はぐくみの森が誕生して私の年のまだ10分の1。でもこんなにはぐくみの森のスタッフに支えられています。
スタッフを愛して、信じて、これからも最善の治療を提供できるようがんばって参ります。

 

 

 

 

2014年1月22日 幸福が飛んでくる

新しい年、気持ちを入れ替えて参加した朝のセミナーで、思いもかけないステキなお花のプレゼントを頂きました。

花言葉は、『幸福が飛んでくる』です。

本当に、朝から幸せな気持ちになりました。ありがとうございました。

 

はぐくみの森歯科クリニックも新しい年を迎えます。

『来院される皆さま、地域の皆さま、そして、はぐくみの森のスタッフ自身が実りあるゆたかな人生を歩み、いつまでもステキな笑顔でいられるように・・・』という理念のもと、今日のこの気持ちを持ち続け、最良の、最高の、最新の治療を提供していく所存です。

 

2014年1月20日 スタッフからの御祝い

 

今日は47歳の誕生日でした。

スタッフから私の大好きな夜のお供をいただきました。

嬉しくて嬉しくて体調が優れなかったのですが

ちょっと晩酌。

 

もちろん、嫁には激怒されました。

「治ってから飲んだらいいやん!」

 

でも、スタッフからのステキなプレゼントにどうしても飲まずにはいられない夜でした。

ありがとう。

これからもよろしく。

 

 

2014年1月1日 あけましておめでとうございます

 

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い申し上げます。

 

毎年自らを反省する機会をお正月にいただいております。

今年こそと毎年思う自分に少し情けなさも感じます。

しかし、それでも毎年反省会を続けてこられるのも支えてくれてる家族スタッフ患者様のおかげ

今年もしっかりと皆様によりよい医療がご提供できるよう

がんばってまいります。

 

よろしくお願い申し上げます。

 

徳島県 鳴門市 はぐくみの森歯科クリニック 院長 やまうちえいじ

 

 

はぐくみの森 歯科クリニック

〒779-0221 鳴門市大麻町萩原字西山田107-7

四国霊場一番札所 霊山寺より県道12号を東へ800メートルの交差点にあります

お問い合わせ

お気軽になんでもご相談ください。折り返しお返事いたします。

メモ: * は入力必須項目です