つれづれなるままに 書いていきましょい!


こんにちは! 院長嫁の山内里津です。


 

 こんにちは!はじめまして。

 はぐくみの森歯科クリニック院長やまうちえいじの妻 山内里津(やまうちりつ)と申します。母として妻として、そして歯科医師として、みなさんとブログを通して子ども達のはぐくむ未来を一緒に考えていければなあ~と思っております。よろしくお願いいたします。

 ただ今、3人の子どもたちといつまでも無邪気な旦那(けっしてかわいらしくはありませんが…)の子育てと夫育て奮闘中です!

 日々、子ども達の成長と旦那の地域医療へのさらなる貢献を楽しみにしております。

 

 つたない言葉でしかブログをつづれませんが、私なりの家族というものとは!や「はぐくみの森歯科クリニック」のママさんスタッフの子育てのポイント、そしてお友だちのママさんから学んだことなどを書いていければなあ~と思っております。

 

 よかったら、ご参考にしていただければと…

 

 やまうち りつ

 

 


2009年12月30日

 みなさん、この一年お疲れ様でした。

 みなさんにとっても、一年、いかがでしたでしょうか?

 私にとっては、やはりクリニック一色でした…

 充実は、していましたが、やはり、家庭が気になる一年でもありました。

 

 帰るのが夜中になることも多く、

 おっぱいがパンパン(授乳しているので…)になってしまい、

 帰って子どもの寝顔をみると、泣きそうになった日々も多々ありました。

 でも、いつも子どもの朝の笑顔から始まり、なんとか乗り越えれた一年でした。

 

 たくさんの笑顔ありがとう。

 まま、がんばる!

 

 来年は、少し子どもとの時間を作りたいと願っています。

 でも、時間は24時間!

 どう、対応していくかが、大きな課題!

 お正月、作戦をねるために、実家に逃走します!

 では、よいお年を…

 

 


2009年12月23日

 

 今日は、娘のピアノの発表会がありました。ピアノを習わせようと思ったのは、かなりおてんばなので、少しくらいピアノがひけてお淑やかに…という願いも込めてだったんですが、全く効果なしです。

 家では、全然練習しませんし、今回の発表会もどうなることやら…と不安を抱きつつ参加をさせてもらいました。

 

 でも、いざサンタクロースの衣装を着て歌ったり、ピアノを弾いている姿を見ると、子どもの成長を感じ、元気に今まで大きくなってくれた事に感謝です。

 小学校に入り、幼稚園の時と比べ、かなり手がかからなくなっていくことに、昔は、早く手がかからなくなってほしい!という自分もいましたが、いざそうなりつつあると、少し寂しさも感じる日々です。

 

 子どもの成長は、早いよ~とみんなに言われますが、まさにその通りだと…

 いろいろな事をおもいながら、ふと横を見ると、次女と旦那が寝ていました…

 ちなみに、長男は、椅子で爆睡中…

 まだまだ、この子が大きくなるまでは手がかかるとおもいますが、それでも、あと数年でしょうか?そのあとに、私たち夫婦に残されるものは???と考えるとぞっとします。何にもなさそうなので…

 

 

 


2009年12月20日

 今日は、日曜日ですが、GC友の会セミナーで谷垣裕美子先生という、歯科会では有名な方が徳島に来られるというので、子どもを旦那に預けて、はぐくみの森スタッフと姉といっしょに受講をしてまいりました。

 

 歯科予防をメインに、インプラントのメインテナンス、ホワイトニング、予防とは?といったことを多々たのしく、おかしく説明をしていただけました。

 

 ただ、谷垣先生は来年○○歳になられるらしいです。???

 アンチエイジングらしい…

 やはり、各界のトップで働かれている人は、オーラが違います。

 

 スタッフにとっても、いい刺激になったのだと思います。

 明日からの診療に、是非、役立つよう頑張ってもらえればと思います。

 

 写真右が、谷垣裕美子先生です。

 すご~く、顔が小さくてホワイトニングをしてて歯がきれいでした!

 

 


2009年12月16日

 今日は、徳島大学病院矯正科の

 忘年会がありました。

 後片付けも、スタッフに任せて、

 参加をさせていただきました。

 

 7時30分からでしたが、ついたのは、

 7時50分・・・

 先輩医の先生も多数おられるにもかかわらず、

 かなり気まずく宴会場へ入っていきました。

 

 でも、皆さんあたたかく

 「山内さん、席とってるよ~」と大学時代にお世話になった先生に呼ばれ、

 最近のはぐくみの森や”エイジ”つまり旦那の悪口を言って発散し、

 最後は、

 「なんだかんだ言っても、山内さん、エイジにラブだね!」

 の言葉に、絶対に違う!と心で絶叫しながらも、

 楽しいひとときを過ごさせていただきました。

 

 久しぶりに、飲み会に行って、たのしいな~!と思ってしまう自分が、

 母親として、ごめんね!と思いつつ、

 出し物のマツケン阿波踊りに爆笑しながら、

 たっぷり、三時間ほど楽しまさせていただきました。

 

 ふと気づくと、なんと11時!

 「すぐ、かえるね!」と出て行ったので、気まずいな~と思いつつ、帰宅。

 

 旦那は、しっかりお風呂に入れてくれて、寝かしつけてくれていました・・・

 ありがとう・・・

 

 でも、やっぱり最後は、子供たちの寝顔にうっとり・・・

 旦那には、愛はすでになく、

 子供に愛が移行していると再確認いたしました・・・

 

 


2009年12月10日

 今日は、はぐくみの森初!

 忘年会がありました。

 場所は〝Blue Ciel〝ブルーシェル

 

 長女のお友達のお家が、

 最近オープンした

 本格フランス料理のお店です。

 

 環状線の応神町の

 〝まわる寿司〝さんの南手にあります。

 とっても、かわいらしい建物です。

 シェフは、ネパール人の方で、

 ちょっと、スパイシーな香辛料も用いて、

 とってもおいしいお料理です。

 

 オープンしてから、本当に開業医として、

 私たち夫婦は、どうしていくのがいいのかと、

 かなり、悩みつづけた日々でした。

 

 でも、みんなの支えがあったから、

 

 乗り越えれることができました。

 

 歯科業者さん、社労士さん、税理士さん、

 はぐくみの森のスタッフ。

 

 そして、家族…

 

 みんながいたからこそ、

 ここまで出来たんだと思います。

 誰一人、かけてもここまでは来れなかったと…

 みんなに、この一年感謝です。

 

 おいしいお料理を堪能しながら、ずっと思い続けておりました。

 

 忘年会の最中、

 ちょっと、みんなにも聞いてみようと、ひとりひとりに、

 はぐくみの森で働けてよかったと思う事を言ってくださいと、尋ねてみました。

 

 みんな、いきなりの質問に躊躇していましたが、

 いろいろとあったのでしょう、辛いこと、大変なこと、そして嬉しい事も…

 

 ウルウルとみんなで思わず、泣いてしまいました…

 

 でも、これでよかったんだと思います。

 自分では…

 スタッフと、ともに喜び、涙することができたこと!

 そんなこと、開業当初は思いもよらなかったです。

 

 振り返ってみても、辛くあたったり、厳しくあったりする事ばかりでした…

 ここまで、本当によく付いてきてくれました。

 

 こんな私たちを支えてきてくれたことに、本当に感謝です。

 ありがとう。

 これからも、よろしく…

 

 そして、毎日、少し寂しい思いをさせてしまった子どもたち、

 毎日、遅くまで子どもたちの面倒をみてくれている両親にも

 最後に感謝を込めて、

 

   〝ありがとう…〝

 

 

 

 


2009年12月1日

 今日から師走です。

 名の通り、あわただしく駆け抜けていくのでしょうか???

 

 昨日、おなかの赤ちゃんために、しばらくお休みをしていたメンバーが

 クリニックを訪れてくれました。

 

 久しぶりに、元気そうな顔を見せてもらって安心しました。

 このお休みの期間、本当に、バタバタとしてしまって、

 彼女の存在は、すでに〝はぐくみの森〝に根付いているんだなあ~と

 休まれてみて、初めて分かったことでした。

 

 〝受付の人は?〝と来院される方に聞かれるたびに、

 苦しくなる自分が、いました。

 もう少し、彼女に私が、考慮をしてあげれば、体調を崩さなかったのかなと…

 ご主人さまをはじめ、ご両親、ご家族に、大変、ご心配をおかけしたなあと…

 

 でも、今日からお昼の間だけですが、

 少しの時間、体調と相談をしながらの復帰です。

 

 また、戻ってきてくれることに、本当に感謝です。

 昨日も、少し話しましたが、本当に、元気そうな顔と、

 また、復帰をしてくれる事に感謝感激で、涙がウルウルしてしまいました。

 

 それを見ていた、年齢トップ衛生士は、

 〝何をウルッとしているんですか?〝の空気の読めない質問に、

 天野らしいなあと思わず笑ってしまいましたが…

 

 3週間ほどのお休みでしたが、

 私の感じたことは、〝失って初めて気づく大切さ…〝

 本当に、彼女の大切さ、はぐくみの森での必要さを実感しました。

 体調が、回復をして、そんな折に、また復帰をしてくれる事に

 感謝をしています。

 

 また、この3週間の苦しみ、思いは、

 決して忘れないようにしていこうと思います。

 そして、クリニックの経営者として、そしてはぐくみの森の舵を持つ者として、

 スタッフの大切さ、スタッフへの愛情を忘れないように、

 これからもがんばっていこうと思います。

 

 みなさん、応援よろしくお願いします。

 

 

 


2009年11月23日

 今日は、ちょっとお恥ずかしいながら、私の書斎をご披露しましょう。私、朝4時から7時は自分のための学習とそうして、朝勉強をいたしております。今は、一般歯科の勉強と主に、医院のパンフレット作り、ホームページのやり取りなどでしょうか…まあ、子どもたちが寝ている間にしないと出来ないという事だけで早起きをして、頑張っております…唯一の私の時間です。

 それと、みなさん4時起きというとびっくりされると思いますが、寝るのも10時なのでお子様並みです…。ですから、早寝早起きという事だけですので、あしからずご了承を…

 ただ、朝早くに起きているにもかかわらず、なかなか要領もわるく、次から次へと仕事が増えていき、現在、パンク寸前です。でも、がんばらないと!と思いつつ、挫折寸前ですが、私にも、心の精神安定剤があるんです。

 それは、いろいろな仕事の本に挟んでいる〝しおり〝なんです。しおりといっても、文具屋さんで売っているしおりでなく、子どもたちからの手紙なんです。朝、本をあけたりする度に、ホッとします。〝さあ、がんばろう~!〝と…

 朝勉強の続く秘訣です。感謝です。

 この手紙は、長女が文字を書いて、下のぐちゃぐちゃの絵は、どうやらママらしいのですが、長男が描いてくれました。理解不能ですが、私にとっては宝物です。

 

 


2009年11月15日

 今日は、長女と長男の七五三でした。

 長男は、ちゃんと着物も着れず、私服で参加。

 長女は、しっかりおめかししました。

 親バカですが可愛いなあ~と思いました。

 大きくなりました。

  

 ただ、だんだん着物に疲れてきたのでしょう…

 「脱ぎたい~」の連発。

 旦那は、

 「誰に似たん???」と言っていましたが、

 もちろん「わたしだよ!」と心の中で笑っていました。

 こんな素敵な日に参加できるのも、

 生まれてきてくれた子どもたちに感謝です。

 

 ありがとう。

 

 


2009年11月3日

 今日は、地元のお祭りがありました。

 嫁いできた時は、大麻町と聞くと、

 今、世間でにぎわしている薬物??

 というイメージでしたが、のほほん田舎という

 感じでとっても、子どもを育てるのには、

 いい環境です。

 

 地域の方々との触れ合いも多く、

 この獅子舞と太鼓も一つの大切な行事。

 主人は、地元なのでよく知っている人も多く

 プチ同窓会のような感じです。

 小学生の子どもたちは、10月から毎日

 太鼓の練習をし、今日が本番。

 

 最初は、上手に叩くことのできなかった子も、

 今日は、とっても上手にできていました。

 頑張ったんだろうと思います。

 素晴らしい!

 次女は、まだよくわかっていませんが、

 とりあえず、旦那が

 〝かんでもらわんといかん!〝

 というので、かんでもらいました。

 

 どうして、かむのかよくわかりませんが、

 このあたりの風習だそうです。

 また、わかり次第お知らせを…

 

 昨年から獅子舞に奮闘をしていた次男は、

 なんと今回初めて、

  獅子に触ることができました。

 かむことは、させませんでしたが、

 これは、大きな成長だと思います。

 去年は、叫んでいましたから

 〝こわい~〝と…

 

   獅子舞の由来

 

 獅子舞とは、古くは

『五色の色彩豊かな聖獣が愛嬌を振りまいて立ち去る夢』

 を見た中国の乾隆帝が、

 宮中の名匠 たちに夢で見た聖獣姿にそっくり作らせ、

 毎年の祝い事があるたびに兵士達に獅子舞をさせるようになった

 のが由来とされています。

 

 獅子舞は日本でも一番古い伝統とされ日本でも歴史のある文化です。 

 獅子舞の伝来は遣唐使が盛んなころに、

 中国の南部から琉球へ、琉球から日本全国へと伝わってきたそうです。

 日本の獅子舞に使われる獅子の模様や表情は

 中国のものとまったく違ってきます。

 もう一つの特徴は、日本の獅子についている渦巻き模様です。

 これは日本独特の模様で渦巻き模様といいます。

 子供についている悪いものや悪霊を取り除き、

 よい子供に育つように願うという意味を持っています。

 

 中国の獅子舞は福を祈る象徴ですが、日本ではそれだけではなく

 悪霊を取り除いたりするという意味があります。

 


2009年10月30日

 とうとう、はぐくみの森にも最新オフィスホワイトニング機器を導入しました。

 第一号は、なんと〝やまうちえいじくん〝

 つまり、院長!

 

 歯だけが変わったのですが、でも笑顔がなんかちょっと輝いています。

 まあ、あまりかっこいいわけではないので、限界はありますが…

 でも、ここまで違うんだなあ~と…

 私も、今度してもらいま~す。

 私は、オフィスとホームホワイトニング併用のスペシャルプランです。

 やっぱり、旦那との差はつけておかなければ…

 

 きれいになったら、子どもたち喜んでくれるかしら???

 

 ところで、関係ないかもしれませんが、両親歯医者だからでしょうか、

 子どものアイドル〝しまじろう〝を見ていても、

 テレビで、歯の事を見ていても、なぜか目つきが違うんです。

 赤染めなんて、したことないんですが、

 家に帰ったら、洗面台が赤く染まっていて、

 長女が長男の歯まで赤染めをしてみがいてくれています。

 感謝!

 

 って、ことは、きれいな歯にママがなったら、気づいてくれるかしら??

 ちょっと、楽しみです。

 かなり、自己満足に陥っていますので、この辺で…

 

 


2009年10月29日

 またまた山内家に事件が…

 生後7か月の次女が高熱です。

 インフルエンザではなかったのですが、初めての熱。

 確かに、母性免疫の切れる頃なので、病気になり始める時期ですが、

 やはり、少し子どもとの時間をとらなさすぎたのでしょうか?

 

 親のエゴかもしれませんが、寂しいの発熱?では…と思ってしまいます。

 

 ちょっと反省。

 共働きのお父さんお母さんは、たぶん同じお気持ちを持たれていると思います。

 子どもとの時間を大切にしたいと思いつつ、

 仕事に追われてしまい、ちょっと子どもたちの距離を考えさせられると…

 

 でも、私のいい解釈かもしれませんが、

 しっかりと歯科医療というものを考え、患者様に提供し、

 素敵な笑顔になってもらえる事を心から願い、頑張る姿を見せることは、

 子どもたちへの人生の教材であると思います。

 

 ただし、この数カ月は、自分自身が反省をしなければならないと思います。

 少し、子どもたちへ愛情が少なかったと…

 本当に、ごめんね。

 

 


2009年10月25日

 次女が、自分で少し座れるようになりました。

 一つずつ出来ることが増えるので、やっぱり子どもの成長は、うれしいですね。

 

 でも、最近ちょっと反省です。

 確かに開業してから、と~っても忙しいですが、

 それを理由に、義理父母におんぶにだっこで…

 かなり、子どもたちの面倒をみてもらっています。

 子どもたちも、遊んでもらっているのをすごく喜んでいるので、

 「あ~疲れた~」とダラダラと、見て見ぬふりでご飯を食べ、

 くつろぐ毎日…

 そして、また朝がやってくる…

 

 そんな時、事件が!

 長女は、幼稚園の年中さんくらいから、おねしょなんてしたことなかったんです。

 でも、2日前に久しぶりに夜中に、おこされました。

 

 たまたまかもしれません。

 でも、子どもたちも感じるところがあるのでは??と思います。

 おじいちゃん、おばあちゃんに出来ること…

 両親にしかできないこと…

 やっぱり、ちゃんとあるんですよね。

 

 本当に、困った時、子どもたちは泣きながら

 「まま~」といいます。

 こんな私でも、最後には必要にしてくれるんだなあ~と…

 お母さんのちからって、本当にすごいですよね(って、私も母ですが…)

 今日は、日曜日ですが、午前診療があります。

 午後からは、たっぷりと子どもたちのためだけに時間をあけておきます。

 

 

 


2009年10月16日

 最近、一般歯科っておもしろいなあ~と感じるようになりました。

 もちろん、矯正は一番好きなのですが、

 おじいちゃん、おばあちゃん、子どもたち、たくさんの人の出会いがあります。

 

 矯正は、せいぜい40歳くらいまでの人たちでしたが、

 いろいろな人と接することで、

 歯科医師として感じることも変わってきました。

 

 その人の人生に向き合う…

 

 院長が常に心がけていることです…

 その人のことを知らなかったら、治療は出来ない…

 

 けずって、つめて、ハイ終わり!

 

 では、これだけ高齢化の進んでいる状況では無理です。

 その人の人生を見る。

 それには、コミュニケーションも大切…

 

 今、私は、一般歯科はまだまだ新米の歯科医師ですが、

 その人にとって大切な歯科医療って何だろう?

 と常に心がけて対応することにしています。

 

 それは、はぐくみの森が一番大切にしていることだから…

 

 口だけを見るのではない!

 その人の背景にある人生もみろ! 

 

 こんなことを言っている時だけ、旦那が素敵に思えました…

 

 いつもは、ブ~ですが… 

 あしからず…

 

 

 

 


2009年10月10日

 今日は、はるばると松山から我が姉が治療に来てくれました。

 彼女は、歯科関係ではないのですが、とっても歯科にご興味があるようで…

 〝PMTCというプロフェッショナルメカニカルティースクリーニング〝

 まあ、簡単にいえば、歯科医院でのクリーニングです!

 施術してもらって、すっきりとご満悦でした。

 

 久々に会うので、小さい時はよく喧嘩もしましたが、

 姉妹っていいなあ~と実感する日でした。

 

 そういえば、日々の暮らしの中で当たり前なことって、たくさんありますね。

 空気のようにいるから、ありがたさもわからないけれども、

 いざ考えると、自分自身の生きる力となっていること…

 

 特に子どもたちは、そういう存在かも…

 

 毎日、「こら~!」「やめなさい」「何しよん!」の連発ですが、

 私が頑張れるのも、この子たちのおかげだと思います。

 いつも、心の励みになってくれます。

 

 嫌なことも、辛いことも人生なので今までたくさんありました。

 

 大学勤務時代に、矯正科では子どもがいる先生が少なかったので、

 かなり肩身の狭い思いをしたり、

 舅、姑、小姑とすむ同居生活…

 なかなか、嫁としての意見は全てアンチになる家庭状況で(当たり前ですがね)

 自分自身も「こうだ!」と決めたら、突っ走るタイプなので

 ガチンコ対決となったり…

 

 振り返ってみれば、たくさんの試練がありました。

 でも、いつも私のそばには、可愛い子どもたちがいてくれました…

 

 「ママっ」と笑ってくれる事に何度たすけられたことでしょう…

 

 「ありがとう」

 

 でも、なんで旦那が心のいやしで助けてくれなかったのだろう???

 疑問がわいてきました…

 

 ちょっと、聞いてきます。

 また、バトルとなるかしら?

 

 ではでは、みなさん楽しい連休をお過ごしください!

 

 


2009年10月6日


 今日は、息子の通う保育園で生ゴミ先生で有名な吉田俊道先生による生ゴミ講演がありました。吉田先生は、かなりパワフルで圧倒されました。さらに、生ゴミ講演はいいんですが「これ食べれるよ~」と生ゴミをパクッと食べたのは???

 

 吉田先生は、野菜には生長点とバリアがあり、これが生命の源であるため、これらを利用した堆肥には本当に栄養が含まれ、堆肥を利用した野菜は、大変においしいという講演でした。もちろん、地球にも優しいエコです。

 

 こんな田舎の徳島の保育園に子供たちのために講演をしにきてくれた吉田先生、また、吉田先生の講演の席を設けていただいた板東ゆたか保育園に感謝です。

 ありがとうございました。

 

 堆肥作りは http://www.hagukuminomori.net/食育歯科/はぐくみ農園/ でアップしています。

 

 


2009年10月3日

 最近、ちょっと悩んでいます。

 大した悩みでもないんですが…

 アンチエイジング、そろそろかなって…

 

 私も、実は32歳!三十路です。

 患者様には

「お子さんがいるなんて、思わないわ~」というお慰めのお言葉もいただきますが、

 

 〝ぷうっ〝と、笑ってしまう自分…

 

 もちろん、そんな言葉、私が1番信じていないからで~す。

 

 問題点として

 ・昔みたいに美しさに自信がない(前はあったのか!???)←ないです

  自分なりにですから…

 ・みんなの前で、笑うのが恥ずかしい… ←といいながら笑っています

 ・目じりのシワが増えました   などが考えられます。

 

 改善点として

 ・シワは仕方ないですが、今より少し高い化粧品に変更

 ・悪いシワではなく、いいシワを増やすよう、生活を改善

  つまり、旦那と仲良くする… ←無理なような気がしますが、頑張ります!

 ・審美歯科をしようかなと…

  実は、私の口の中、金属がたくさんあるんです…

  前歯も旦那とのストレスのせいか、歯ぎしりで形が悪くなっています…

 

 まあ、いろいろありますが、審美歯科については本気で考えています。

 いままで、旦那の治療をじっくり見ていたわけではないのですが、

 歯科医師として、尊敬する部分はありました。

 供に、開業し、じっくりと見れるようになってからは、

 さらに、思うようになりました…

 

 夫婦といえども、歯科医師としてライバルなので認めたくないですが、

 彼は、とっても上手だと思います。

 尊敬しています。

 

  歯科医師としてはね…

 旦那としては???ですが…

 まあ、いい旦那といえば、いい旦那???

 

 さあ、話を元に戻しまして…

 ちょっと、頑張ってみます。審美歯科!

 私が、美しくなったら喜んでくれるかしら???←って、誰が喜ぶ???

 

 もちろん、自分自身で~す!

 子育てが、大変という理由で、怠けていた分、少し自分の時間も増やしま~す。

 

 審美歯科を開始したら、別ブログ立ち上げますので、よろしくお願いしま~す。

 

 

 

 


2009年9月27日

 娘の運動会がありました。

 最近の運動会は、どんなんかなあ~と楽しみにしていましたが、

 まあ、無難なものだったので、私の小学校の時とさほど変わらず、

 安心しました!←いろんな意味でね…(なんせ、25年も前ですからね…)

 

 でも、私は他県出身者なので、かなり違和感が…

 阿波踊りおどるんです。

 

 旦那曰く、ほとんどの徳島の小学校が… 

 〝ええっ…〝

 

 確かに、プログラムには最終学年の6年生による阿波踊りと書いていました。

 

 フィナーレに阿波踊りか~

 まあ、なんと踊りのしみついた県なのでしょうか…

 ある意味素晴らしい文化ですよね。

 

 と思いきや、

 「では、みなさん踊りを踊りながら、集合してくださーい!」

 

 ?????????

 

 みんなが、自分たちの席から全校で最後に踊りながら集まってきました…

 これには、唖然…

 

 子どもの競技に感動を感じるまえに、

 圧倒される徳島の小学校の運動会でした…

 

 

 


2009年9月20日

 私の姉の一家が、連休&治療ということで徳島にやってきました。

 実は、私は松山出身です…

 知らず知らずのうちに、徳島で結婚をし大麻町でいついてしまいました…

 松山に帰るつもりだったのですが…

 (旦那と喧嘩をしたら、今でも帰りたくなるくらい大好きな街です)

 

 まあ、それはさておき

 

 家の中、今は5人の子どもたちがいます。

 うるさい…

 幼稚園?なんてものでは…

 

 珍獣園?猛獣園?なみです!

 

 おもちゃのお刀を持って、振り回しています。

 でも、おっとその横には、3月に生まれた娘が…

 〝キャーっ!やめて〝

 と思いきや、隅のほうでオムツにうーんとしている息子!

 〝パパ~。うんこ〝

 おいおい…

 

 そんな子どもたちも、現在、朝の4時。

 静かです。寝顔にウットリ…

 でも、そんなんもつかの間…

 もうすぐ、奴らが起きてきます。

 ブログなんて書いていられません…

 ゴメンナサイ… 

 

 


2009年9月10日

 今日は、開業してからなかなか行けなった大学に久しぶりに行ってきました。

 矯正の勉強ではなかったのですが…

 

 すごくお世話になった先生が体調を崩されて入院されていたのですが、

 復帰されたという事を聞いて…

 

 元気なお顔を拝見できてhappyな一日でした。

 

 そのあと、久しぶりに旦那と二人っきりで、そごうにデートしました。

 全くトキメキなんかは今更ないのですが、

 いつも、こぶつきで数珠つなぎで行動するので、ある意味、新鮮でした。

 

 ゆっくりと外食ができたのも、何年ぶり???という勢い…

 

 いろいろと話しました。

 

 結婚してからいろいろとありました…

 私たちは、同居なので本当にいろいろとありました…

 

 でも、今ピュアな心で振り返ってみると、

 お父さん、お母さんのサポートなしでは、ここまでできなかったよなあ~

 国家試験から始まって、研修医時代、開業準備、開業…

 

 決して若いとは言えない父や母が、帰りが夜中になっても

 台所で子どもと添い寝をして帰りを待っていてくれることも多々ありました…

 

 心の中では、感謝していても、やはりここは、嫁VS姑

 

 素直に「ありがとう」すら言えない自分がいました…

 今もですがね…

 

 でも、結局は一人では、人間なにもできないんですよね。

 いつか、この感謝の気持ちは、

 近々迫ってくるであろう介護で、がんばって恩返しですね…

 

 最近、母が

 「私たちは、あなたたちには迷惑かけないからね」とよく言います。

 強がりな人なので…

 でも、なぜか寂しそうに言います…

 

 家族の絆…

 

 少し考える一日でもありました…

 

 さあ、明日もみんなに感謝して、一日がんばっていきましょい!

 

 

 


2009年8月29日

 今日、長男の通う保育園で参観日がありました。お母様たちのいろいろな悩みを、おしゃべりしながら解決していくという参加型の参観日でした。

 

・子供が夜、寝るのがおそくなってしまう

・ご飯をしっかり食べない  など日ごろの様々な疑問にみんなで答えました。

 

 結局、子供も一人の人間だし親の思うようには中々ことは進まないよね。ゆっくりと成長を待ちましょう。お互いに頑張りましょうね!ということになりました。一見、なんら解決をしていないようですが、同じ年代のお子様をお持ちのお母様たちと、お話をする機会が、こんなに憩いの場になるなんて素敵だわ!と思いました。

 私たち、歯科医院からもそんなお母様たちを応援するために何ができるだろうと、考えなければなあと思いました。

 さあ、明日は日曜日!

 ちょっと天気はすぐれないようですが、子供たちと何をして遊ぼうかなあ~

 

 あと給食の試食会も兼ねていましたので、そちらも報告。

 長男の通う保育園は、県内産の野菜を用いたり、園で収穫をしたもの用いたりして子供たちの健康にとっても気遣いをしてくれています。また、ごはんもとってもおいしくて、長男は給食で育っているようなもの…といっても過言ではありません。

 なかなか、仕事が忙しいと色どり、食べやすさなどを考えて料理に手間をかける時間を削ってしまいがちになりますが、保育園さまさまで、いつも助けられています。

 ありがとうございます。

 

 では、本日の給食の試食会のメニュー

 ・徳島県産こしひかり

 ・鰆のみそ焼き

 ・千草和え

 ・梨(徳島県産)

 ・ミニトマト(園で収穫)

 

 とってもおいしかったです。ごちそうさまでした。

 

  鰆のみそ焼き

 材料(一人分)

 ・魚 100グラム

 ・みそ 8グラム

 ・マヨネーズ 8グラム

 

 作り方

 1.みそとマヨネーズを混ぜておく

 2.魚の切り身に1をかけオーブンまたはトースターで焼く

 

 


2009年8月25日

 ちょっとした言葉の行き違いで、うまくいかなくなることも…

 でも、ちょっとした言葉で、なんだそんな事だったの!ということも…

 

 言葉は、怖い面もあるけれど、

 人と人とのつながりをグッと縮めてくれる魔法の道具かもしれません…

 

 私は、すごくせっかちで、主人とは対称的です。

 その人のためと思って言った言葉も、うまく伝わらず、相手を怒らせることも…

 

 でも、しっかりと会話を持てば、そこからはHAPPYです。

 思わず言った言葉が、相手を傷つけることを分かっているのに、

 先に言いたい!と思ってしまって、気が焦り、わあっと言ってしまって、

 あとは、ブルーに…

 

 いつになったら、人間として成長するんだろうと思いながら、

 昨日の夜も、医院について主人と話しているうちに大暴走!

 

 ごめんね。

 

 


2009年8月16日

 

 お盆期間中も、診療お疲れ様。でも、英嗣君、こんなお休みの日に自分ばかり寝るのはズルイのでは…私も寝たい…

 

 でも、寝れないよ。だって、今日ね、すごいこと分かったんだよ。

 「読書感想文」という大変迷惑な夏休みの宿題があるらしい…小さい頃に必ず最後までやってなくて、8月31日に最後の力を振り絞って、なんとなく書いたやつ…

 もちろん、まだ本すら買ってないし…ヤバイよね…

 これって、子どもの宿題だけれども、親の宿題でもあるよね…

 私達って、理系だったから国語なんてチンプンカンプンだよね。

 君がおやり…

 私は嫌だ…

 でも、こんな状態ではあなたは、絶対にしないでしょう…

 って、ことは私ですか!

 

 自分の半分遺伝子を持った可愛い娘の宿題なんだから、がんばってよ。

 

 

 


2009年8月7日

 どうして選んでもらったのか?

 どうして来られたのか?わかりませんが「国際グラフ」という雑誌の取材で俳優の横内正さんが「はぐくみの森」へはるばるとやってこられました。

 院長にインプラントへの熱意、開業への思いなど1時間足らずの取材ですが俳優オーラがばっちりでかっこよかったです。しかも、主人の頭の光具合も絶妙でますますカッコいい横内さんにウットリ…

 10月号に掲載されるらしいので楽しみにしてくださいね。

 どうやら「地域医療にたずさわる専門医」ということらしいのですが…

 


2009年8月4日

 今日は、明石市の「アップル歯科」さんに見学に行ってきました。とってもステキなクリニックで、院長先生もカリスマ性たっぷりの医院でした。帰りに、開業に向けての活を入れるためと、この一ヶ月、私達が振り回してしまったにもかかわらず、文句も言わずに一生懸命にクリニックのために働いてくれたスタッフへの感謝をこめて、ささやかですがウェスティンホテルのコッコラーレへご飯を食べに行きました。

 本当に、バタバタの一ヶ月でしたが、クリニックに来られる患者様に専門性のある安全な治療を提供させていただけるようマニュアル作りやディスカッションなどを何度もくり返し、開業準備も無事おわりました。

 8月8日からは、本オープンですが、スタッフみんなに主人は助けられて、本当に幸せ者です。スタッフも、者好き???なのかも知れませんがね…

 

 


2009年7月6日

 はぐくみの森のスタッフでモリタ株式会社の萬田様にお越しいただき接遇セミナーをしました。私がいうのも何なのですが、当医院のスタッフの受付は空港カウンター出身、残りのスタッフ4名は平均15年以上のベテラン歯科衛生士ばかりでかなりプロフェッショナルです。しかしながら、みんなが新たな気持ちで一から確認をしながら真剣に取り組んでいるところをみると、ありがたいなあ~と感謝感激でした。

 私が、一番ダメだわ…。

 ごめんね。山内英嗣君。私も、がんばる!

 彼女達のベテランであるにもかかわらず、謙虚さを忘れないピュアな気持ちを持ち続けている姿をみると、こんなにすばらしいスタッフが「はぐくみの森」を選んでくれたことに感謝をし、このご縁を大切にしていきたいとさらに、がんばる気持ちがわいてきました。

 

 


2009年7月4日

 今日は、子どもの通う保育園で夏祭りありました。

 絵本の読み聞かせもあり、大ハッスル!

 とても、楽しかったみたいです。

 「桃たろう」などの読み聞かせでした。

 でも、朝、ちょうどおばあちゃんに、はぐくみ農園の桃がそろそろ実っていることもあり、読んでもらったおかげで、さらに楽しかったみたいです。

 ところで、素朴な疑問ですが、どうしてキビ団子ごときで、サル達は鬼退治にいったのでしょうね?

 

 


2009年7月1日

  Dear ぱぱ

 

 14年間の大学勤務 お疲れ様でした。

 いろいろな思いがあるんじゃないかな?

 すごく、診療がんばっていたもんね。

 いつも、カッコいいとはお世辞でも言えないあなただけれども、

 患者さんの治療をしている時は、本当に輝いていたと思う。(頭も!)

 歯科という仕事を、本当にあなたは大好きなんだね。

 そんなあなたの妻であることを、素直にはいえないけれど、誇りに思っています。

 これからは、共に「はぐくみの森」のチームメンバーとして歩むことになりますが、

 お互いが高めあえる歯科医師であり、夫婦であり、親であり、人として、

 ステキな人生を築いていくことができればと思います。

 

 本当にお疲れ様。いつもありがとう。

 そして、これからもヨロシク…

 

 from りつ


2009年6月27日

 

 今日、仕事から帰ってくると主人と子ども達が七夕の飾り付けをしてくれていました。その願い事の1つに、なんと私のことも書いてくれていました。実は、この数日、疲れからなのか熱っぽかったのですが、それを子ども達は、ちゃんと知っていたのか「熱がさがりますように…」と書いていました。

 忙しかったり、しんどかったりしたら、どうしても子ども達をしかりつけることも多く、後でスーパーブルーになるのですが、子ども達は、いつもママの見方です。

こんなに、けな気な気持ちをいつも理解してあげればいいなあ~と反省しています。

 なかなかそうもいかないのですがね…

 みなさん、お互いに1日、あと1回でいいので子ども達に目を向ける回数を増やしてみませんか?私も、今日からがんばります! 

 そうやって、お互いをみとめあい、尊重しあうことで親として、人として自分自身が成長していくのかも知れませんね?


  2009年6月24日

 

 最近、息子がようやく寝る前にトイレでおしっこができるようになりました。

 子どもの成長は、どんなことでも親としては、うれしいですね。

 

 でも、この息子なかなかの曲者で、今までは何回トイレに連れて行っても、

 「ない!」っていうので、本当にないのかと思いきやオムツをはいたとたんに

 ジャーッとしていたんです。

 「さっき、ないって言ったやん!」と怒っても全然できませんでした。

 そこで、戦法を変更し、

 「ママは、トイレでおしっこしてくれたらうれしいな~」というと、

 できるようになりました。

 これって、まさにコーチングのIメッセージですよね。

 

 みなさんも、子育てにIメッセージをいれてみてください!

 子どもを怒るストレスもなくなって、親子でニッコニコになれるはず…

 

 まあ、全部がうまい具合にいくわけではありませんが、

 あしからず…

 

 やまうち りつ

 

 


  2009年6月18日 「パパかわいそう」

昨日の夜は、徳島大学総合歯科診療部での主人の送別会があり、夜は子ども達3人と私で寝ました。

「今日は、パパおらんのよ~。うれしい人っ?」って(こんな質問をする母親も普通いませんが…)聞くと、

一番上の長女は「はい!」とユーモアたっぷり!

でも、下の長男は無言…。

「どうしたの?」と聞くと「パパかわいそう…」の一言。 

なんて、やさしいのだ~と、自分がわけのわからない質問をしているのも忘れて、嬉しくなっていました。

今朝、この話を主人にすると、相変わらず大きな瞳を輝かせてウルウル。

あ~朝から変なものを見てしまった。トーンダウンだよ!

やまうちえいじ君。

 

  やまうち りつ

 

 

 


はぐくみの森 歯科クリニック

〒779-0221 鳴門市大麻町萩原字西山田107-7

四国霊場一番札所 霊山寺より県道12号を東へ800メートルの交差点にあります

お問い合わせ

お気軽になんでもご相談ください。折り返しお返事いたします。

メモ: * は入力必須項目です