2010年6月27日

 今日は、いとこたちも来ていたので、

 徳島県立防災センターに

 見学に行ってきました。

 

 まず、入ったところに、

 ミニカー消防車とコスプレがあり、

 どうぞ!とも言われていないのに、

 勝手に着て記念撮影!

 もう、この時点でハイテンション!

 みんなで地震体験もしました。

 阪神淡路大震災の時、

 私は、高校生だったので、

 松山でしたから、

 大きなゆれはなかったのですが、

 本当に、突然このようなゆれが来たら???

 と思うと、ぞ~っとしますね。

 冷静にいられるかしら???

 

 ちょっと不安です…

 

 画面に向かって、消火訓練もしました。

 子供たちは、大喜び!

 確かに、勉強?という意味ではいいのですが、

 ノリノリになってしまっているので、

 いざ!という時に、役に立つのか???

 ちょっと、不安にも思えます。

 でも、消化器があるんだよ~ということを

 勉強するには、いい機会!だと思いました。

 最後は、暴風雨体験!

 風が、すごい勢いででてくるので、

 子供たちは、すずしい~!と絶叫!

 ちょっと、コンセプトを私たちが、

 ずらしていますね…

 

 と~っても楽しんで帰ったのですが、

 ふと、もう少しやり方を工夫?

 の余地があるかも?とおもいました。

 

 公共機関は、儲けは関係ないとおもいますが、大切な税金を投資しております。

 子供のときから、このような大切な訓練を兼ねた体験型施設は大切です。

 しかし、やり方を工夫しながら、いいものを、

 地域に還元できるように、がんばってもらいたいな~と思いました。

  

 でも、これって歯科医院にも通じると思います。

 ある意味、公共機関ですから、

 患者さまに、よりよい医を!そして、情報を!

 そして、それぞれの患者さまにあった一番の方法を!

 いろいろ試行錯誤しながら、いい物にしていかなければならないな~と、

 ふと感じてしまいました…

 

 2010年7月からは、嫁ブログ下半期で!

 

 

 


2010年6月24日

 

 最近、朝の家庭内戦争がある…

 長女が、バスで学校に行くため…

 

 早く行きたいので必死!

 

 でも、家の近くから行くバスでは、遅くにしか行けず、

 早く行くためには、車でバス停まで行かなければならない!

 

 どうしても、早く行きたいらしい…

 

 でも、責任を持って準備をさせるようにしている。

 だって、自分都合で、早く行きたいんだから、自分で努力をしないと!

 

 親がなんでも手を出してしまうと、きっとうまくいくんだろうなあ~

 それって、でも本当に、こどもにとっていいこと??

 そう、自問する…

 早く乗れなかった時の長女の顔を見ると、かわいそうだな~と思うけれども、

 それも、いい勉強では?と思う。

 

 こうして、子供も自分で考えながら、出来るようになるのでは…

 

 と、子育て論を言ってしまいましたが、

 実は、本当は、子供は勝手に育ってるんだよ~って思っているのかも???

 

 こんな些細なやり取りで、自分では子供にいい教育だ!

 なんて、言っているけれども、

 本当は、ぐっと自分の心にセーブをかけたり、見守ったりする

 親である私が、子供に大きくしてもらっているような気がする…

 

 我慢をすること…

 人を温かくみつめ ゆるすこと…

 そして、人を何の見返りもなく無償に愛するということ…

 

 子供を授かってから、自分自身の人生をふりかえり、

 過去は変えられないけれども、今、こうして

 充実した日々が送られることに、

 近くにいすぎて、逆にわからなくなってしまう、

 家族に感謝!

 

 

 


2010年6月20日

 今日は、子供たちのだ~い好きな

 プールへ行ってきました。

 私は、入らなかったのですが、

 長女が次女に腕輪をつけて

 泳がしてくれました。

 

 全く怖がらず、す~いす~いといった感じ…

 一方、長男はライフジャケットを着て

 ぷかぷかと足の届くところで浮いていました。

 なんとまあ、この違い!

 同じ親から生まれているのに、

 個性ってあるんですね。

 

 まあ、いろいろとその子にあった

 生き方をしてくれればと思います。

 

 でも、こんなことを言っていられるのも、

 健康にうまれ、そして育ってくれているから…

 

 そんな当たり前になってしまうことに

 感謝をすることも、とても大切ですね。

 

 プールから帰ったと思いきや、

 お家でもプール遊び!

 井戸水なので冷たいのですが、

 この子たちには、そんなの

 かんけいねえ~(もう古い?)ですね。

 

 元気におおきくな~れ!

 

 


2010年6月18日

 今をいきる!

 

 なんて、20歳の時はおもわなかったけれども、過去がつもるにつれて、

 今、30歳にしてなんとなく、身にしみる・・・

 おばさんになったのかしら・・・

 

 というのも、今を一生懸命生きることが、

 きっと、過去にも未来にも影響をあたえるから・・・

 

 過去なんて振り返ってもかえられない!って、嘘だと思う。

 あ~しとけばよかった、こ~しとけばよかった・・・って、

 言ってももちろん変わらない。

 でも、今が、充実し何事にも全力投球なら、過去ばかりにこだわらず、

 きっと、今がとってもハッピーなんだと思う。

 そして、過去もそれと一緒にハッピーになれるんだと思う。

 

 過去は、現在の鏡!

 今がときめいていれば、過去もときめく!

 今が曇っていれば、過去も曇る!

 

 そして、今がときめいていれば、未来の自分がもっとステキになる!

 開業して1年がもうすぐたつ・・・

 過去の自分は、どうだろう?そう思うと、今の自分がみえてくる・・・

 

 

 どうせ、同じ時間をいきるなら、ステキな人生をおくりたい!

 子育ても仕事も、これからももっともっとがんばる!

 

 

 


2010年6月17日

 たまたま買い物で裏道をとおると、

 なんと園児たちを発見!

 

 長男もいるかな~と思うと、

 案の定、列を乱しておりました…

 

 いつも彼は、期待通りの行動を…

 子供らしいですが…

 

 

 

 


2010年6月14日

 

 今日、はぐくみの森に長男の保育園のお友達が来てくれました。

 はぐくみデビューだったので、ちょっと緊張気味でしたが、

 長男の話をネタに盛り上がって上手に出来ました❤

 

 それは、とっても良かったのですが、

 よく考えると、顔から火を噴きだしそうな内容でした…

 

 というのも

 「私のこと好きっていうの❤」

 

 「えっ!ばかむすこ、何言ってんの!」って、感じですよね。

 わ~あ、こっちが恥ずかしくなってきた…

 

 家に帰って、さっそく事情聴取!

 息子いわく

 「すきだから、いったんや!」

 

 おいおい…

 

 こんな小さいころから、恋愛なんてありえない…

 ちょっと寂しくなってしまいました…

 

 いつまで「まま~」と言ってくれるのでしょうか???

 

 

 


2010年6月10日

 今日は、平素よりお世話になっているフェリス社会労務士の方との

 医院をよくするために~のおしゃべり会。

 まあ、仕事の会話というかプライベートの旦那の話でいつも盛り上がるんですが…

 

 ははは…

 

 ということで、今回は開業して一年目を迎えるにあたって

 この一年を振り返り、そしてさらに良くなる歯科医院を目指すために、

 "ちょっとおしゃれなホテルで、エステランチ"をスタッフに感謝をこめて、

 お食事会でもしようか~ということに…

 

 私が、一番もりあがっているんですがね…

 

 振り返ると、いろいろなことがあり、こうしてまだまだですが、

 多くの患者さまにご指示をいただける歯科医院に、

 すごい勢いで成長したと思います。

 これも、私たちだけの力ではなく、スタッフの力をかりることができたから!

 

 いろいろなタイプのスタッフが、はぐくみの森にはいますが、

 (ある意味、個性派ぞろいですが…まとめるの大変です!)

 ひとりひとり、と~っても大切なメンバーです。

 

 社労士さんと話していて、忙しすぎて忘れていたスタッフへの思いも

 再確認でき、今日からもがんばるぞ~という気持ちになれました❤

 

 いつも、心に思っていること…

 「スタッフは、医院の宝です。財産。」

 

 たくさんの最新の医療機器をそろえていますが、

 一番失いたくないもの、それは、このステキなメンバーです。

 いつも、口うるさくはしますが、とっても私の大切な宝物です。

 

 もちろん、子供も大切です。

 

 すいません、院長ブログの2010年6月9日の子供については、

 私は、がんばっていますよ~。訂正です。

 

 

 


2010年6月5日

 今日は、長男の"板東ゆたか保育園"にて

 親子カレークッキングがありました。

 

 先日、子供たちで掘ってきた"ジャガイモ"を

 使っての料理です。

 毎年、恒例の行事ですが、初参加!

 私のほうもワクワクしてしまいました。

 

 長男もやる気満々!

 思わず、Vサインです。

 ジャガイモや人参、玉ねぎを洗って、

 皮をむいて、包丁でがんばって

 切ってくれました。

 

 上手に使えるので、とってもびっくり。

  

 "ゆたか保育園"は、今でこそ食育!

 といわれていますが、

 ずっと以前から、食へのこだわりは

 大変がんばっていらっしゃいます。

 

 子供たちの健全な成長のために…との事。

 地産地消にも大変ごだわっており、

 地球にもやさしい

 保育園運営をされております。

 

 "すばらしい~"

 

 こんな保育園が近くにあったらいいな~と

 いった感じでしょうか?

 

 私たちも今後長いクリニックの運営で

 地域の皆様に愛されるクリニック作りに

 励もう!と心から思ってしまいました。

 まだまだ至らぬ点があったり、

 メンバーとの連絡ミスなどもあったりと

 がんばる所は多々ありますが、一つ一つ大きく

 前進をしていければと思います。

 

 そして、試食会。

 とっても、おいしく出来上がっていました。

 

 

  教えてもらった秘密レシピ

 

 カレーに入れると、とってもおいし~くなる"ゆたかの魔法"

 

 ・スキムミルク

 ・梅ジュースの後に残った梅の実(すいません使っていただきまして…)

 ・干し柿(すいません、これもありがとうございます)

 ・ケチャップ

 

 "はぐくみ農園"で採れた果物をつかってもらってしまいました…

 私たちは、こんな使い方があるのは知らなかったのですが、

 さすが、食にこだわる保育園は、することが違うな~と感心!

 

 

 


2010年6月3日

 今日は、仕事オフの日。

 お昼に子供たちが学校でいない間に、

 前回も大興奮した活きダコを…

 

 次女は、前回は理解していませんでしたが、

 今回は、どうやら動くものと認識!

 すごい成長です。

 

 奇怪な動きをするのに大喜び??

 

 何が嬉しいのかは、わかりませんが…

 墨をはくのをみて、長男も大興奮。

 

 しかし、最後は鍋に入れたらいけない!

 とタコを守りに…

 

 説得するのが大変でしたが、

 食べられるために、来てくれたんだよ~と

 わけのわからない言葉に納得をしてくれ、

 調理開始!

 タコで遊んで、おいしく食べて…

 一石二鳥の男料理を"パパ"が

 頑張ってくれました!

 と言いたかったのですが…

 

 銀行に行ったときに、

 彼は、縁石でこけてしまい、

 手をスリムいだ事を理由に、

 今回は、調理をしてもらえませんでした…

 

 そんな事ですが、彼の中では大事だったのでしょう!

 なんか、よくわかりませんが、ちょっと情けないなあ~と思いました。

 

 

 

 


2010年5月27日

 はぐくみ農園の初夏といえば…

 やはり"青梅"

 今年も、その時期がまたまたやってきました。

 とってもいい香りがしま~す。

 

 うっとり…

 

 でも、蚊の大群がいるので

 採るのは大変ですが…

 このにおいは、たまりません!

 長男も梅摘みを

 少し手伝えるようになりました。

 大きな成長ですね。

「ままの採ってあげる~」と

 張り切っていました!

 出来ることが増え、大きくなったなあ~と…

 

 はちみつ梅ジュース

 どうぞ、みなさん味わってみてください。

 とっても我が家でも大人気!

 

 

 


2010年5月26日

 今日は、定例の水曜ミーティング。

 むし歯予防DAYの企画をみんなで会議。

 いろいろと初めての試みなので四苦八苦しながら、

 パソコンとみんなが戦っているようです…

 

 あえて私は、あまり手伝わなかったのですが、

 なかなかいい物に出来上がっているようです。

 

 みなさん、6月4日からのむし歯予防DAYをお楽しみに…

 ささやかなプレゼントがありますので、ちょっと足を運んでみてください!

 

 ところで、最近、よく思うのですが、

 スタッフが育つには、スタッフの育つ環境を整えてあげないといけない!

 そう、言われます…

 しかし、はぐくみの森も完ぺき!というほど、環境が整っているというわけでも…

 でも、スタッフはいつも彼女たちなりに、全力投球してくれます。

 なぜなんだろうと?と、またまた自己分析…

 

 みんなが、はぐくみの森を好き!という気持ちがあるからだと思いました。

 ありがたや~

 

 私自身も、こんな気持ちを素直に感謝をし、さらにより良くなるよう努力をと…

 

 "自分を変えるヒントは、自分の中に存在しない…

    すべては、そとの世界にあるのです…"

 

 自分の殻に閉じこもるのではなく、もう少し大きい器でスタッフたちを

 見守っていかなければならないな~と反省。

 

 今まで、こんな経営者の立場にいたわけではないので、なかなか大変ですが、

 いい医療を、いい職場を、そして、みんなの笑顔を作っていきたいと思います。

 

 スタッフあっての"はぐくみの森"ですから…

 最後に、一番の私の課題は、あの院長を大切にしてあげる!ということかも?

 

 そんなことを、心にふと感じましたが、

 これはやはり無理!旦那ですから…

 大切なんかには、とお~っても悪いけれども、できないわ!(爆笑)

  ひとつひとつに腹が立つのは、愛情の裏腹なんでしょうか?

 それとも…

 

 もう、これ以上はブログで言うのも何なので、控えておきます。

 子供たちに支えられている夫婦ですので…

 

 いつも、みんなに私は支えられているのですね~❤

 

 

 

 

 


2010年5月22日

 今日は、保育園の参観日。

 日本口腔インプラント学会の主催する

 100時間コースに出席するために、不在。

 申し送りをして病院を出たため、

 少し、遅れてしまいました…

 長男は、自分の親だけ来ていないのを

 知ってか、知らずか…

 さびしそうに、座っていました…

 

 でも、私を見ると…

 "にこっ"としてくれ、近寄り、

 "まま~"

 

 よっぽど寂しかったんでしょうか?

 わかっているんだ!遅れてはいけない…

 そう思って、しまいました…反省。

 

 やっぱり、そうですよね…

 自分の小さいときも、そうでしたから…

 母が来てくれると、嬉しかったです。

 

 そのあとは、しっかりと粘土で

 "ワニ"を作ってくれました。

 ウロコも丸い球をつくって、背中に貼りつけ、

 自分の子供ですが、

 "すごーい!上手じゃん"と思って、

 思わず拍手。

 長男も誇らしげにしていました。

 次女はというと、ちゃんと座って

 "おりこうさん"でした…

 

 兄弟でも、これだけ違うのか?

 それとも、年齢の違いなのか?

 わかりませんが、

 いつもの通り、にっこにこ!

 

 シールをはって、遊んでいました。

 そのあと、保護者研修会があり、

 三池輝久先生による

 "眠育"についてのご講演がありました。

 

 ちょっと、私も興味があって、

 "メラトニン"は、アンチエイジングですから…

 貴重な勉強会となりました。

 

 "うちの家でも9時までに寝よう!"を実行中!

 でも、本当に大変です。

 8時に帰り、ご飯は食べさせてくれているので、すぐお風呂に入れて、

 歯を念入りに磨いて、"よ~い、ドン!"で寝に行きます。

 

 もちろん、帰ってからのコミュニケーションは、お風呂だけですが、

 その分、朝が6時には起きてくるので、ゆっくり朝食をとりながら、遊べます。

 やはり、どこかでは子供との接点を大切にしたいですから…

 

 夜のコミュニケーションが減りましたが、その分が朝に回っただけなので、

 こんな生活スタイルも、私にはあっているなあと…

 そして、子供たちの心と身体の健やかな成長を考えると、一石二鳥なのかも?と

 改めて、三池先生の御講演を聞きながら、これからも続けていこう!と

 心に誓ってしまいました。

 

 でも、本当の意図は、子供が寝て、9時から

 ゆっくりビールを飲んで晩ご飯を食べたいからなのですが…

 これも、親の心のゆとりには大切ですかね???

 

 

 

 

 


2010年5月20日

 

 今日は、朝からスタッフとメールのやりとりをしながら、

 これまでの"はぐくみの森"のことを考える日となった・・・

 

 開業をして、みんなに愛される歯科医院となり、さらによりよくなるために・・・

 最近のミーティングもエキサイティングしていると思う・・・

 

 でも、こうスタッフとお互いの意見を交換できることは、

 本当にいいことだと思う・・・

 

 確かに、経営者と雇われという身分の違いがあるので、食い違うところも

 ないとは言わないけれども、

 お互いの中で常に心の底にあることは、

 スタッフ、医院、そして患者様がよりよく・・・ということ!

 

 そこに尽きるのでは・・・

 ついつい私も、強い口調になるけれども、

 それでも、いろいろと考えてついてきてくれるスタッフに感謝をしないと・・・

 

 そういつも寝るときに思ってしまう。

 

 今日は、実母の誕生日。

 こんな私でも、いつもなんだかんだと最後は温かく見守ってくれる母。

 ちょっと落ち込むところもあるので、電話したいな~って思ったけれども、

 弱音を吐きたくもないので、

 とりあえず、メールでおめでとう!だけ伝えておいた。

 

 でも、心がなぜかほっとして、気分リフレッシュ!

 お母さんの存在って大きいな~

 

 

 

 

 


2010年5月16日

 今日は朝から、子供会の廃品回収。

 お昼近くまでかかったので、

 もう、どこにも行きたくないな~

 と思いつつ、家でどう時間をすごそうか?

 と頭を悩ませているときに、

 メダカの鉢を掃除しよう!ということで、

 水かえをしました。

 

 去年の夏に、いろいろと捕まえてきたものを

 入れただけで、緑色に染まっているので

 何がいるかは、定かではなく、

 変なものが出てきたら?と思うと、

 ちょっとドキドキ感もありましたが、

 出てきたもの

 

 ・ふな

 ・めだか

 ・えび

 ・ザリガニの手

 子供たちは、大喜び。

 しかも、カエルも捕まえて遊んでいました。

 次女も"う~っ。ヴう~っ"と喜んでいました。

 

 長男は、つかんでみたり投げてみたりで、

 残念ながら、1ひきメダカがお亡くなりに… 

「こうするから死ぬんだよ…」というと

 ショボン…

 

 でも、こういったことから命の大切さを

 学ぶんでしょうね。

 

 今、メディアが発達し、なんでもPCで

 調べることができます。

 

 こういった自然から学ぶこと…

 昔は当たり前だったけれども、

 今では、とっても贅沢な経験かもしれません。

 

 ところで、これうちの犬です。

 他にも、犬がいます。九官鳥も…。

 動物園みたいですね。

 

 あ、最後に、今日、車を止めている横に"草がめ"の赤ちゃんが散歩していました。

 家の中ですよ…

 いったい、この町はどうなっているんでしょうか???

 もちろん、捕獲!

 娘が大切に飼うことになりました…

 かめさん、しばらく大変ですが、頑張ってください。

 

 

 


2010年5月9日

 今日は、大連休でたっぷり遊んだので、

 節約遊びに行ってまいりました…

 

 そう、海で遊ぶ!

 

 タダですから…

 確かに、寒いので中には入れませんが、

 ほどよい気候でいい感じで

 今の季節は遊べます!

 ここでも、彼は負けていません。

 子どもと遊ぶということより、

 真剣に自分が遊んでいます…

 

 ある意味かわいらしんですがね。

 子供の砂遊びの道具もかりて遊んでいます。

 

 私は、砂浜を裸足でトコトコ歩きました。

 気持ちいいですね。

 

 次女も一緒にトコトコ…

 

 海には、何度か連れて行っていますが、

 一人で歩けるようになってからは、初!

 

 ちょっと、波がザブ~ンと来るのに、

 驚いていました…

 でも、最後は嬉しそうに遊んでいました…

 いろいろなことを経験させてあげないと…

 

 

 


2010年5月5日

 ゴールデンウィーク最終日。

 そして、なんといっても今日は"こどもの日"

 

 何をしてあげようかな~と思いつつ、いろいろと思うこともあり、

 お部屋のお掃除をプレゼントしました。

 というのも祖父母が、どうやらおもちゃの買う約束をしているらしいので…

 そのお買物の間に、びっくりさせてやろうと子供部屋を改造しました。

 

 帰ってくるなり、長女は、さどいですね。

 "まま~、ありがとう❤"

 

 いろいろと思うことというのは、

「人は、与えすぎると与えないのと同じ効果しか得られない!

 その状況に置かれて、当たり前になってしまい、

 感謝を得ることができなくなるから…」

 ということ。

 

 今は、少子化といわれ、物を与えられて育つ子供も多く、

 物の大切さや、人への感謝が薄れているらしいです。

 

 うちの家にも、たくさんのおもちゃがあります。

 買っては捨てて、捨てては買って…

 でも、このおもちゃで子供にとって何の役に立つんだろう?とある時から

 感じ始めてしまいました。

 

 その時から、あまりおもちゃも増えなくなり、

 自分で紙をきったり、木をつかったりして創作するようになりました。

 こういったことが、子供の大切な成長につながるんだろうな…と解釈しています。

 

 子育てを全うした者の意見ではないので、定かではないですが…

 

 でも、これはスタッフにも同じことが言えると思います。

 クリニックも大きな家のようなもの。

 経営者の私たちが、ある意味、親かも。

 そして、スタッフが子供???

 うまく育てれば、大きく育つし、うまくなければ育たない。

 

 物ばかりをあたえても、大きくならない…

 厳しくしかりすぎても、大きくならない…

 

 "はぐくみの森"は、スタッフのがんばりに感謝をこめて、

 他の病院よりは大きなスタッフルーム、

 スタッフルームの備品もここまでするの?と思うくらい充実させています。

 福利厚生もしっかりしないと!と思い、厚生年金、健康保険に加入。

 時間管理もしっかりできるよう社労士さんにも入ってもらっています。

 

 お友達の開業医の先生方は、ここまでしなくてもいいんじゃないの?

 と言われます。

 もちろん、かなり経費がかかりますから…

 本来ならば、しなくてもいいことなので…

 しかし、ここまで、がんばるのも、

 これも全部スタッフのために…という私たちからできることと思い、始めたこと…

 

 でも、こんなことばかりしていても何にもならないんですよね。

 

 子育てと同じかな~なんて思います。

 はじめは、スタッフもこんなに充実しているんだ~と喜んでいましたが、

 いつしか当たり前になってしまい、

 ゴミが落ちていても汚れていても…という時も、残念ながらあります。

 

 お昼休みのたった5分でいいから、ちょっと拭きでもしてくれたらいいのにな~

 私としては、ここまでスタッフのことを思ってしているんだから、

 もっと大切に使ってほしいな~と思うこともあります…

  

 やはり、物ばかり与えていても大きくならないんだと思います。

 スタッフ一人ひとりをしっかりと愛情もって育てないといけないんだな~と…

 

 ある程度、ハード面は固まったので、さらに良くなるために、

 ソフト面にも充実したスタッフ教育を入れていかなければなあ~と反省。

 時には、厳しく…そして時には、やさしく…

 

 なかなかさじ加減が難しいですが、これもいい医療はチームワークが大切!

 ということもあるので、しっかりと経営者として頑張らなければ!と

 なが~い連休にリフレッシュし、33歳のお誕生日も迎え、

 心機一転、さらにさらによくなる"はぐくみの森改造計画"を模索中。

 

 私のいつも心に誓う、

 "自分のために、患者さまのために、そして医院のために…"を

 バランスよく取り入れ、はぐくみの森に携わる、

 スタッフ、ドクター、患者さま、地域の方々、みんなが

 WIN=WINの関係になれるように願っているから…

 

 

 そして、みんなが〝はぐくみの森の理念〝

 "実りあるゆたかな人生をあゆみ いつまでも素敵な笑顔でいられるように…"

 を心から思い、スタッフ自身も大きく成長をしてもらいたいから…

 

 こんなうるさいことばっかり言っている私たちに、

 よく考えると、スタッフもよくついてきているな~と思います。

 へへへ反省。

 

 そういえば、星の王子様も

 "本当に大切なものは、目に見えないものだよ~"な~んて言ってましたね。

 小さい頃に読んだ本にも、人生のヒントが隠されています…

 

 


2010年5月2日

 開業当初3台から始まった診療室も、予約が取れないという事で

 今、チェアーが増え5台となりました。

 

 患者さまに予約を取りやすく!と思い、拡張をしてきました。

 でも、そろそろ私たちの診療室も考えなければ…

 

 はぐくみの森のシステムは、保険だろうと自費だろうと

 院長しかしてはいけないこと!ルールがあります。

 

 何かというと"かぶせものをするケース"

 

 どうして?って、やっぱり院長がした方が

 きれいにフィットするから…

 

 旦那は、本当にすごいな~と思います。

 (歯科に関しては…)

 しかし、彼にも限界があります。

 一度に見れる患者様は限られていますから…

 

 はぐくみの森のキッズルームから

 とってもきれいに咲いている植物を見ながら

 いろいろと今後のことに頭を悩ませます。

 

 院長のキャパ以上に患者さまをみて、

 いい加減な治療になるのが怖いから。

 

 今の私に彼以上の治療ができるか?

 それは、無理です…

 〝欲張れば欲張るほど人は人生を見失う…〝

 どこかで、聞いた言葉ですね。

 

 キャパを超えてしまうと、支配されるのは自分である。

 そんな中で、もっと目の前にいる患者さまに対して、

 最善、最良の診療を提供していきたい。

 

 診療室のリニューアルで、開業前から今まで突っ走る私に、

 木々たちが"自分らしくね"と教えてくれた春の日でした。

 "教科書に書かれた医学は、過去の医学であり、

 目の前に悩む患者に

 明日の医学の教科書の中身がある"

 

 一人ひとりの患者さまと向き合おう…

 

 ゆっくりゴールデンウィークでリフレッシュ。

 連休明けには、さらによくなる

 〝はぐくみの森〝を期待してください。

 

 

 


2010年4月23日

 今日は、板東ゆたか保育園の園児が、

 ドイツ館の前で第九を歌う!ということで

 とっても楽しみにお昼休みを利用して

 見に行ってきましたが…

 

 しかし、やっぱり彼は兵でした…

 

 また、やってしまいました…

 何を?って

 この頭にかぶっているかわいい帽子を

 歌っている最中に投げていました…

 わお~!

 

 でも、これは長男にとっては恥ずかしさの

 抵抗行動何だろうなと…

 終わった後に、

 「恥ずかしかった…」とボソボソ…

 確かに、みんなに見られたら緊張しますよね。

 毎日、長男の行動には、本当に笑わせてもらいます。

 楽しいな~と…

 でも、もちろん怒る時もあるんですがね…

 

 子どもがいると、本当に毎日たのしいですね。

 笑いが絶えません…

 

 たとえ毎日、夫婦でむむむ???

 と思うことでさえ、子供が仲を取り持ってくれます。

 〝子はかすがい〝とは、よくいったものです。

 

 こんな笑顔をいつまでも大切にしてあげたいと思います。

 のびのびと、そして彼らしく…

 でも、親はなかなか実行できないですね。

 欲が出てきます。次は、これもできれば…な~んてね。

 

 こんな気持ちを抑えること、

 そして温かく子供を見守ることも大切な親としての仕事でもあり、

 そして、親が成長できる体験でもあるかもしれませんね。

 

 


2010年4月21日

 今日は、いつもお世話になっている

 フェリス社会労務士事務所の方の講演が

 あったので行ってきました。

 

 開業当初より、スタッフの権利を守るために、

 歯科医院では珍しいようですが、

 最初から社労士さんに入ってもらいました。

 

 いつもあっている人ですが、

 思わず素敵だったのでパパラッチ…

 いろいろと考えさせられるセミナーになりました。

 

 最近、忙しくてスタッフとの会話が 減ったよな~とか、

 お昼にもう少しコミュニケーションとらないといけないよな~とか…

 

 いつも頑張っているスタッフに少しゴメンネと反省をしながら、

 ふんふんと聞いていました。

 そこで、いろいろと明日からできることを手帳に書きつづりました…

 がんばるぞ…

 

 結局、スタッフがいないと成り立たないし、院長がいるから診療ができる。

 持ちつ持たれつの関係…

 でも、どこかで忙しいということだけの理由で空回りすることも…

 よく話し合うと、なあ~んだ!って思えることなのに、

 ちょっとしたことで、う~ん?と思ってしまうこともある…

 

 これは、本当にコミュニケーション不足があげられるような気がする…

 

 スタッフには、ここで働けてよかったと思える病院にしたい…

 もちろん、いろいろなことで辞めていくこともあるかもしれないけれども、

 人生振り返ってみて、

 意外とはぐくみの森ってよかったな!と思ってもらえる

 病院づくりをしていきたい。

 

 なかなか難しいけれども、経営者としての宿命ともいえる課題だと思いました。

 フェリス社会労務士さん、ありがとうございました。

 また、ゆっくりお話しましょう…

 

 

 


2010年4月18日

 今日は、久しぶりに

 "とくしま動物園"に行きました。

 動物たちとふれあう、子供たちの顔って

 最高ですよね。

 とっても、かわいい!

 

 でも、こんな変なことをしている人

 だ~れだぁ?

 (次女がめちゃめちゃうけていましたが…)

 そう、こんな事をする人は、

 もちろん、やまうちえいじ!

 バカっつぷりパパを発揮しておりました。

 

 彼は、どんな時も子供よりハッスル!

 特に、動物ネタには敏感です。

 小さいときから動物が大好きだったようです。

 

 だから、時間があると動物園にいこうと…

 でも、子供たちも今日は負けていません!

 とっても、興味津々。

 特に、次女は1歳のお誕生日をむかえ、

 とっても成長したのか

 指をさしながら、

 "あ~、う~"と教えてくれました。

 

 日々、成長をしているのですね。

 ありがたいです。

 最後はファミリーランドで

 ジェットコースターでしめました。

 ”死にそう”と言っていました。

 

 こういった物は、不得意なようです。

 お疲れ様でした。

 子供たちは、ぐっすり眠ってくれました。

 

 

 

 


2010年4月15日

 今日は、木曜日のお休みにもかかわらず、

 ふれあい健康館で"デンタル虎の穴"があり、セミナーに参加。

 気持ちよく患者さんに通ってもらうには!というセミナー。

 

 出来ていること、出来ていないこと…

 一喜一憂しながら、私たちに足りない物を発見。

 そういや、治療計画をしっかり出せていないよな…

 

 手書きで渡してはいるものの、もう少ししっかりした物!と…

 開業当初に購入したツールや業者の方に作っていただいたフォームを

 がさがさと荒らし、手直しをし、患者様に納得のいくわかりやすい物へ変更。

 我ながら、よくできていると思いました。

 

 48時間ルールというのがあると言います。

 しなければなあ~と思い立ったら、48時間以内にしなければ、

 今後も絶対にしないという物。

 

 確かにそうだと思います。

 ですから、私は思い立ったら即実行。

 妥協は禁物。まずやってみる!を心がけております。

 

 といいながら、子育てだけはちょっと反省。

 48時間ルールですね。

 

 母なのに情けない…

 でも、しっかり子供たちは大きくなりました。

 ふと出来ることが増えている次女にもびっくり。

 子供たちといると、本当にがんばらないといけないなあ~と反省の日々です。

 

 子供から、人として教えられることが、こんなにもあるんだなあと…

 

 よく、母になり初めて母のありがたさを感じるんだと言われます。

 そして、人として成長をする。

 女は子供を産んで、また一回り大きくなると…

 

 結婚する前は、そんなこと嘘だと思っていました。

 でも、実際、子供を授かり、

 大きくなる子供と自分自身が心の成長が出来ることで、 

 その言葉が、今になりようやく実感できるようになりました。

 

 こどもを育てると言うことは、自分との戦いでもあります。

 子育てをされているお母さんは、本当に偉いなあ~と思います。

 

 

 


2010年4月8日

 今日は、板東ゆたか保育園で

 はぐくみの森歯科クリニックの

 イベントを開催しました。

 

 詳しくは http://www.hagukuminomori.net/はぐくみイベント/

 

 今回のイベントの主旨は、

 少しでも地域の皆さんのお役に立てるように…

 

 日頃から、お世話になっている先生、そして、子供たちのために企画しました。

 イチゴを摘んで、そのまま食べる子供たちの笑顔をみると、

 とても、嬉しく、パワーをもらいました。

 

 いつも、院長と話しているのは、

 大きな歯科医院にしたいね。でも、ベンツやBMを買うくらいゆとりが出来たら、

 自分たちのためでなく、地域のため、子供たちに使おうね…と話し合っています。

 

 歯科医療は、ボランティアではないけれども、 

 患者様から、過度にもうける必要もありません。

 自分らしく、そして、地域に貢献できればと思います。

 まだまだ、未熟な新米開業医ですが、がんばります。

 

 板東ゆたか保育園のHPにも紹介されました。

 http://www.yutakahoikuen.jp/class/index.html

 *個人的に訂正しておきますが、素敵なお姉さんと書かれていますが、

  変なおばさんです。この場をおかりしまして訂正しておきます。

  すいません。

  本当は、嬉しいですが…

  まだまだ、お姉さんで、いけるかしら…

  おろそかになっている、審美歯科にちょっと心ゆさぶりました…

  えいじ、妻をきれいにしておくれ!

 

 

 


2010年4月1日

 もう4月ですね。

 少し前に、次女が生まれたと思ったのに…

 もう1歳のお誕生日でしたからね…

 桜も満開です。

 

 いつも、診療室に閉じこもっているので、

 休みの日に外に出かけると、ホッとします。

 自然は、本当に素晴らしいですね。

 とは言いながら、

 バタバタと用事を済ませる休日ですが…

 働きながらの育児と仕事の両立は、

 本当に大変だなあと痛感します。

 自分の時間は、ありませんから…

 

 ゆっくりとテレビを見る暇も、

 きれいになる時間も…

 

 でも、私は大変だとは思いますが、

 辛いとは思いません。

 歯科の仕事が、好きだからだと思います。

 

 子どもたちのことも好きだからだと思います。

 

 人間には、24時間しか時間はありません。

 だから、時間をいかに使うかを常に考えます。

 だって、もったいないですからね。

 

 ただ、突っ走るだけも、人間ですから

 いつかは、息切れします。

 

 そんな時、子供たちと外へ飛び出します。

 これは、一石二鳥。

 心もリフレッシュ、子供たちともハッピーですから…

 それもこれも、四季ある国、日本に生まれ育った私たしの特権ですね。

 

 ただ、毎年四季が巡ってくることを当たり前に受け止めていますが、

 やはり、よく見渡すと少しずつ温暖化も進んでいるのでしょうか?

 そう感じる時もあります。

 

 毎年、この時期にさくら咲く頃と…いろいろな思い出がありますが、

 いつまでこの美しい四季の国、日本といられるのでしょうか…

 春一番の突風が吹いていますが、どうぞお花よ持ってください…

 少しでも、美しいままで…

 でも、散りだすとそれもきれいですね。

 

 ありがとう、四季の国。

 ありがとう、美しい地球。

 

 

 


2010年3月20日

 

 〝歯が痛いんです〝と患者さん。

 お口の中を見ると〝あ、根が悪いんだ!〝とすぐわかりました。

 でも、その歯のかぶせ物は、10万もする自費の白い歯。

 〝とりあえず、前の歯医者で入れてもらいました〝との事…

 

 思わず〝いつ入れられたんですか?〝との問いに、

 〝1年くらい前ですかね?〝とのこと。

 

 〝はずしていいんですか?〝と質問。

 〝仕方ないですよね〝と患者さん。

 

 そうだけれども、もっと他に選択がなかったのか?

 もっと、彼女にとって違う方法がなかったのか?

 白い自費の歯を入れればいいというものではないと思う。

 予後が悪いと感じるなら、何か患者さまと寄り添うことはなかったのか?

 

 歯科医師として、深く反省させられ、勉強させられてしまった。

 はずしているときも、なんとなく涙が出そうになった…

 こんなに、きれいなかぶせ物を入れているのに、

 1年足らずで、壊さないといけないなんて…

 守りきれるものは、なかったんだろうか?

 自問自答。

 

 お口を治すということは、

 それを維持できるようにもサポートしていかなければならない。

 そして、患者さまの生活にも入っていかなければならない。

 

 トータルで考えて、はじめて実りある生活のサポートを

 歯科医院としてお手伝いできるんだと思う。

 

 

 


2010年3月17日

 今日は、母が手術をしました。

 私が、中学生の時にも一度したのですが、

 今回はもう少し大きな手術。

 

 先週の土曜日、

 "手術前だから、一度クリーニングに行くよ"と姉たちと松山から来てくれました。

 その時、いつも強い母なのになぜか弱気だなあと心配していましたが、

 今日の夜、姉から無事手術が済んだとの報告を受けました。

 

 いつも、喧嘩ばかりの親子でお互いに好き勝手なことを言い合いますが、

 いざ、こういう事があると、やはり心配ですね。

 

 元気であるからこそ、言い合えるし、笑いあえるんだなあ~と…

 元気であるからこそ、日々、楽しい時も苦しい時もあるんだと…

 元気であるからこそ、認め合い、歩め合えるんだと…

 

 健康って大切ですね。

 ふと、今、私がいなくなったら、子供たちどうなるんだろう?

 と思ってしまいました…

 

 日々、健康ライフだ!と心に誓ってしまいました。

 

 最後に、またまた朗報!

 ご近所さんがクリニックに来ているんですが、

 決してインプラントをしているわけでもないのです。

 保険診療で、ブリッジと入れ歯なのですが、

 今まで、ご飯がとても美味しくなかったらしいのですが、

 最近とてもふっくらされているので、

 "太りましたよね"と大胆にも聞いてしまいました。

 すると"今まで食べられなかったものまで食べられて、おいしいのよね~"との事。

 院長は、すごいなあ~と思いました。

 インプラントでは、もちろんかめて当たり前です。

 でも、こういった入れ歯やブリッジでしっかりかめる事のできる技術があってこそ

 インプラントがさらに、すばらしい技術になりえるのです。

 骨に、ネジを入れることは、今は簡単なのです。

 それよりも、かみ合わせをどう与えていくか、

 そして、どうお口の中に機能をしていくかが大切なのです。

 それは、矯正歯科でも一緒です。

 

 そう思うと、お互いもっと寄り添いあって、

 日々、患者さまのための診療をさらに良くしなければ、

 そして、健康に夫婦共白髪になるまで、あゆみよらなければなりませんね…

 あ~、今の私たち夫婦には、共白髪?というより、

 ストレス性白髪になりそうな夫婦関係ですが、

 周りの観戦者は、どうやらそれが仲がいいと思われているようで…

 

 とりあえす、今日は、お休みなので楽しくエイジとエンジョイしようかしら?

 ありえんけれども…

 ぷっ(大爆笑)

 

 

 


2010年3月13日

 

 はぐくみの森のスタッフへ

 

 今日は、個人的なブログですが、この場を借りてスタッフへ…

 いつも、お仕事ご苦労様。

 新米開業医の私たち夫婦に、いつも振り回されていますね。

 今回のチーフスタッフのサポートご苦労様。

 そして、いつも頑張ってくれているチーフスタッフのAさん、

 家庭でいろいろとあるのに、私たちに気を使ってくれて本当にごめん。

 スタッフの補充の矢先にのAさんの家庭の事情のための数日の欠勤に、

 みんながこれ以上に、がんばってくれていたこと、感謝しています。

 本当に、ありがとう。

 

 いつも、みんなが力を合わせて頑張ってくれることに、本当に感謝です。

 面接の時から始まって、バタバタと開業を向かえ、

 こうして、地域のみなさまから支持をされる歯科医院になってこられたのも、

 あなたたちの力があってからこそだと思います。

 

 決して、院長の技術ブランドだけで伸びてきたわけでもなく、

 クリニックが新しいからだけでもなく、

 常に、患者さまが気持よく通ってこられるのは、

 みんなの存在があるからだと思います。

 

 これからも、たくさんクリニックのために、患者さまのために、

 そして、みんなのために、いろいろな事?思いつき?に等しい???(ごめん)に

 振り回されると思いますが、

 よろしくお願いします。

 

 特に、常勤さんお疲れ様でした。

 

 


2010年3月4日

 

 今日、開業してから、はぐくみの森に来られて、

 結構、回数と時間がかかりましたが、しっかりと治療を終えられた患者さまが、

 奥様も一緒に連れてきてくれました。

 

 その方は、大病をされ、ご飯がいままで食べられなかったそうです。

 今は、しっかりと治療ができ、ご飯がおいしく食べられるようになったと…

 ご家族で喜んでいただけました。

 

 歯を治すことだけが、一見、歯科医院の役割に思えますが、

 実は、歯科治療というのは、そのあとの生活があるんだと…

 

 改めて、実感しました。

 歯科は本当に、素敵な仕事だなあと思います。

 患者さまと、とても近い関係になれる。

 その人の人生のお手伝いができると…

 

 ありがたいです。

 こんな仕事に携われたこと…

 そして、大学では、主に小さいお子様の治療ばかりだったので、

 主人と治療をするようになって、

 改めて、歯科ということを再認識する機会ができたこと…

 

 これからも、もっともっとみんなのハッピーライフのお手伝いを

 頑張っていこうと思うのでした…

 

 まあ、私たちだけではできないので、

 スタッフあっての"はぐくみの森"ですがね…

 

 みんなに感謝!感謝!

 ありがとう~

 

 


2010年2月26日

 今日は、長女の音楽発表会がありました。

 しかし、前日まで私、忘れておりまして…

 仕事から帰るや否や

 "まま、明日よろしく~"と…

 "やばい、忘れていた!"と思いながら、

 忘れてしまっていたことに、

 ちょっとブルーに…

 

 でも、内心、しっかりと伝言してくれるので

 〝なかなかしっかりとした子供だなあ~〝

 と嬉しく思いながら、子供の成長をまたまた感じるのでした。

 

 長女が生まれたのは、私のちょうど国家試験の時。

 国家試験勉強と授乳とで悪戦苦闘した日々でした。

 国家試験当日の休み時間も、友人が必死で問題集を復習している傍ら、

 焦る気持ちを抑えて、かちかちのおっぱいを搾乳したなあ~と…

 

 今となっては、いい思い出?頑張った思い出?ですけれども…

 

 そんな子供が、今はもう小学生。

 この間、私はいったい何をしていたのかなあ~と思うときもありますが、

 トータルで考えると、自分なりには全力を尽くしてきたと思います。

 しかし、実際には、子供が生まれるまでは、

 "その日が楽しかったらいいのよ~!明日は、明日の風が吹く~!"

 って、感じでした。

 どうして、変わったのか?

 私にも、わかりませんが、今よくよく考えると、

 主人が私を変えてくれたのかもしれません。

 

 人間、やれば変るものですね。

 

 私の大好きな先生〝古市幸雄先生〝からすると

 〝子供が生まれる前に、自己投資すること、それが未来の投資となる!〝

 とおっしゃられていましたが、

 私は、過去にかなり無駄な時間を過ごしてしまいました。

  でも、過去を振り返っても、何も変わりません。

 自分が変わるしかないから…

 国家試験という大きな試練と、子育ての中で、

 時間の使い方には、かなりシビアに使いこなせるようになりました。

 

 そう思うと、やはり、主人ではなく、子供が私を変えてくれたのかもしれません。

 やっぱり、子供はかわいいですから…

 ということは、旦那はかわいくない?

 答えは "イエス YES" です!

 

 


2010年2月21日

 しろとり動物園へ行ってきました。

 久しぶりに暖かかったので、

 楽しく過ごすことができました。

 

 子供達もおおはしゃぎ!

 

 ここは、直接、動物たちを触ったり、

 餌をあげたりできるので、

 とてもお気に入りのスポットです。

 以前、志村動物園に出演していた

 ニホンザルのライチ君とバナナ君も

 いました。

 とっても、人なつっこく、

 こんな感じで肩にのってきます。

 

 動物たちとふれあう子供たちの顔!

 すごく輝いていますね。

 

 自然とでる笑顔は、本当に素敵です。

 

 下の子供まで、

 バギーから身を乗り出して見ていました。

 

 こうみると本当に大きくなりましたね。

 いろいろなことが、

 よくわかるようになってきました。

 

 子供の成長は早いものです。

 でも、私は、この成長にどう対応していたか?

 そう思うと、ちょっと反省します。

 

 子供たちの一つ一つの成長を

 初めて見つけてやりたい!

 と思うこともありましたが、

 保育園の先生から、

〝大切な所を抑えるだけでもいいことですよ~。

 お母さんが、余裕を持つことが

 こどもたちの大きな成長です。〝

 とやさしい言葉をかけていただいて、

 ほっとしたことも、子育ての最中ありました。

 

 子育ては、真剣になればなるほど、

 しないといけないことが、たくさんあります。

 その時その時で、もっとあの時こういってあげたら、

 子供達には良かっただろうに? と反省ばかりの日々です。

 

 しかし、悩んでいても仕方ない! 

 子供たちと一緒に突っ走るのみ!

 

 私の周りには、旦那の両親(ある意味うっとおしいですが…)や

 板東ゆたか保育園のやさしいベテランの先生方に

 いろいろと聞くことのできる環境があることだけでも、

 子育て中のママには、ありがたい存在です。

 

 でも、子育てママのみんながこういった環境が整備されていないことは、

 やはり、行政ももちろんですが、

 歯科医院からできることも考えていかなければならないですね。

 私たち歯科医師は、お口のプロ?であるからこそ、

〝こんなんたいしたことないよ~〝と思ってしまうこともありますが、

 お母さんたちにとっては、とっても心配なことも多々あります。

 

 そんなちょっとした心配事が、大きく発展すること…

 

 一人ひとりのお母さんと、しっかりとお話をすることで、

 安心して帰られるお母さん達が、たくさんいらっしゃいます。

 少しでも、そんな頑張っているママにこそ、気軽に相談できる歯科医院づくりを

 頑張っていこうと思います。

 

 はぐくみの森は、子育てが終わったベテランスタッフばかりで

(まあ、簡単にいえば若くない?ということ←怒られるね!)、

 子育てについてたくさん聞ける体制は兼ね備えているので、

(本当にありがたい存在です。いつもありがとう…この場を借りてお礼) 

 私たちが、お母さんの気持ちをくみ取ってあげられる雰囲気づくりに

 少し努力をしていこうと思います。

 

 それで、話がそれ、最後になりましたが

 やはり、彼は、子供以上に動物に興味を示し、

 ひたすら子供の餌をとり、必死で自分に似たヤギ?ラマ?たちに餌を

 楽しく与え続けていました。

 

 その間、子供達は父親を無視し、

 母親と子豚のゲージで楽しんでいたのでした…

 

 

 

 


2010年2月13日

 今日は、長男の通う保育園で発表会がありました。病院から近所なので、朝の時間ちょっとだけ抜けだし参加。

 

 長男は、昨日から様子がおかしく、朝も〝いかん〝と言いぱなし…これは、きっと大変なことになるだろうと思いました。

 予想的中!

 最初は、先生に手を持たれて、きっちりと踊っていましたが、なんと直立したまま倒れこんでしまいました。みなさんに、爆笑され、ある意味いい思い出となりました。

 

 夜、今日は松山から姉夫婦が治療に来ていたので終わった後、

 ピザを一緒に食べながら、発表会のビデオを鑑賞しました。

 やはり、ここでも爆笑!

 〝どうして倒れたん?〝と聞くと、

 〝恥ずかしかった〝と…

 恥ずかしいという気持ちも感じるように成長しているんですね。

 子供なりにたくさん大変なことがありますが、なんとか乗り越えられたので拍手!

 お疲れ様。

 今日は、ぐっすり寝れるでしょうね。

 

 


2010年2月11日

 訪問介護を開始することとなりました。

 それは、やはり困っている人がいるから…

 一人でも多くの方に、楽しくお食事をしてもらい、健康になってもらいたいから。

 

 人は、お口から食べ物をいただくことが基本です。

 食べなくなると、身体が弱ることは事実。

 

 そのための勉強と実践を、朝勉強とお休みの日に取り入れています。

 だって、私、矯正出身ですので…

 針金を曲げるのは、得意なのですが…

 

 今年の目標には、そんな訪問など考えてもなかったのですが、

 あまりにも依頼が多いので、これではいけないと…

 今、やっと本を手にいれ10冊くらい勉強できました。

 大変でした…

 実践は、主人の同級生の方の訪問介護に一緒についていきます。

 いろいろと勉強をして、実践をして、一人でも多くの方に喜んでもらおう!と。

 

 でも、基本は、技術も大切ですが、あったかい心が大切。

 その人を、患者さんとしてではなく、人として見てあげる。

 それこそ、訪問の極意だと思います。

 はぐくみの森にぴったり!と思っています。

 

 もう少し、システム化されれば、電話相談にも対応しますので、

 しばらくお待ちください。

 

  おっと、その前に、今日はお休みなので子供たちとの時間です。

 何しようかな~???

 

 

 


2010年2月7日

 

 患者さまから、〝寒いので、こういったものを着せていると暖かいので、赤ちゃんにどうぞ〝ということで、手作りのスモッグをいただきました。キティーちゃんの絵が描いてあるのでとってもカワイイです。70代のおばあちゃんから頂きました。

 

 まあ、話はここからですが、いつも、山内家では嫁VS姑の争いがありますが、これを着せて仕事に行ったのですが、仕事から帰ってきても着ておりました。

 いつもなら、義理母のやり方があり、私が良かれと思っても却下されることが多いのですが、たとえば、靴下は脱がしたほうが足の刺激が頭にいいから履かさないほうがいい!と言っても帰ってくるとちゃんと靴下を履かされています。(もちろんイラッときます)   

 でも、今回は予想外に〝いいわ~これ~〝だって…

 やはり、70代の考え方は共通しているのだろうか???

 

 義理母の言っていることは、時として素直に考えるといい事もたくさんあります。

 でも、私、嫁ですので、お母様の言うことなんてぷぷぷっ!と

 素直に聞けないのでございます。

 みなさん、旦那さんのお母さんと、どう付き合っていますか?

 

 居たら面倒だけれども、居ないと困るし、あんなに嫌いなのにいないと寂しい…

 胸中かなり複雑でございます…

 

 これって、私が大人でないという証拠ですね。

 まあ、私らしいのですが…

 

 

  


2010年1月26日

 

 患者さまから、

 葉ボタンの花をいただきました。

 

 クリニックの前は、すっかり葉っぱも落ち

 冬化粧しておりますので、

 ちょっとした患者様からのプレゼントに

 クリニックの前が、ずっと明るくなりました。

 

 自然ってステキですよね。

 何十年後いやいや何百年後も、こんなステキな地球を

 私たちは、残してあげれるかしら???

 

 私たちも、ずっと昔の人から、このステキな地球を引き継ぎ、

 そしてたくさんの恵みを自然からいただいたのですから

 本来ならば、その恩恵を受け継ぐべきなのですが、

 ちょっと悲しいかな"今がよかったらいいのだ~"という

 現代人の身勝手さに、地球が振り回されているのは、いかがなものですよね…。

 

 ちょっとしたエコ、みんなで見つけていきましょう。

 

 

 


2010年1月17日

 

 仕事をもたれながら、子育てをされている方って、

 子供たちに、どう対応していますか?

 

 最近、朝4時から7時までクリニックの仕事。

 朝8時30分出勤、そして夜8時退勤。

 帰って、洗濯物の片付け、夕ご飯?晩御飯?を食べ、お風呂に入り

 夜10時に寝る生活…

 

 隣には7歳、3歳、0歳の子供たち。

 

 これじゃあいけないよな~と反省しつつも、仕事に追われる日々。

 患者様のために… 医院のために…

 

 自分のためにが、いつも抜けてしまう…

 開業してから、子供たちはどう変化をしているんだろう? 

 不安…

 でも、帰ると娘が"ハイっ"とくれた。

 お守り。

 

 "元気でがんばってね。"と中に手紙。

 

 寂しい思いをさせているのに、

 子供たちのほうが、私に気を使ってくれる。

 よく、

 "愛情たっぷりに育てられていますよね。"

 と言われる。

 

 確かに、子供たちのことを考えない日はないが、

 いつもベッタリともいかない。

 それでも、周りからはこう見られている。

 また、私が客観的にみても、そう見える。

 どうしてだろう?

 

 そう、答えは簡単。

 

 旦那の両親と同居しているので、いつも私が居ないとき、

 そこまでしてくれなくても!というくらい孫育てに一生懸命だから…

 

 素直に"ありがとう"とは言えないが、

 子ども達が、はっきりと証明してくれている。

 

 今日は、お休み。

 サーカスに行く予定。

 休みの日は、講習会に行きたい気持ちがあるけれども、

 今、私には時を待ってくれない子ども達がいる。

 しばらくの辛抱…

 

 この時間を、今、大切にしたい。

 

 


2009年1月15日

 朝、仕事をしていると

 突然、娘が宿題を持ってやってきたので、

 びっくりしました。

 

 現在、午前5時。

 いつもなら、早く起きたときは、

 ぐずぐずと言っていたのですが・・・

 

 今日は、がんばってます。

 

 "どうしたの?"と聞くと、

 "ママもがんばっているから、私もがんばる"とのこと。

 

 昔は、よく"勉強しなさい!"といっていたのですが、

 言ってもしないし、

 まあ自分の人生だから、いつか考えるでしょう!と思い、

 ここ最近は、彼女自身に勉強を任せていました。

 

 でも、こうして自主的に朝、勉強をする姿を見て、

 親として子に恥じないよう、がんばらなければと思います。

 

 "親の姿をみて子は育つんだよ"の年寄りの言葉が、

 今、こうして子をもち成長した娘をみながら、実感できます。

 

 これから、私たち家族には山あり谷ありの人生があると思います。

 その中でも、いつも子供の手本となる親として

 私たち自身が成長していかなければならないことが、多々あるでしょう。

 

 子供を育てることは、本当に自分自身の励みとなり、

 そして自分自身の成長の糧となります。

 子供がいることで、

 同期の歯科医師とは少し技術的に遅れをとることもありましたが、

 私自身は、人間としてまだまだ未熟ですが、

 それでも、子を授かることで、

 自分なりには大きく成長することができたと思います。

 

 これもすべて子供たちのおかげ。

 そして、仕事をしながらでも子育てのできる環境

 つまり、子供を預かってくれている板東ゆたか保育園の先生方、

 そして何より旦那の両親の存在が欠かせないと思います。

 

 みんなに感謝の日々です。

 ありがとうございます。

 

 


2010年1月10日

 今日は、天気もよく暖かかったので、十日えびすの帰りに〝あすたむらんど〝に行ってきました。凧あげ作りをしていたので参加しました。

 長女がなかなか絵が上手になっているので感心!長男は、ブログに見せる事の出来ないありさまなので削除します。すいません!

 目と鼻なんだな~といった感じでしょうか?

 落書き状態です…

 凧作りも終わり、いよいよ芝生広場で凧を飛ばそう!と思いきや、子どもの凧を取り上げ、無心に飛ばし続ける旦那…

 これには参りました。楽しいのは分かるけれど、三歳の子供から凧を取り上げて一人で楽しむとは…こういうところは、42歳のいいおじさんですが、子どもです。

 長男はつまらなかったのか、どんぐりと棒を拾っていました。

 かわいそうに…

 

 


2009年1月7日

 今日は、次女の9ヶ月検診でした。

 病院がお休みだったので、着いてこなくてもいい旦那まで参加。

 大学勤務中は、補綴科と矯正歯科とで科が違うので、四六時中一緒ではなかったのですが、最近は四六時中一緒。愛があればいいのですが、結婚8年目の私たちに、そんなものはない!ので、休みの日くらい、一緒にいたくないというのが本音です…

 でも、〝行く〝と言い張るので(子供みたいですよね…)

 〝好きにしたら!〝と言ったら、やっぱり着いてきました。

 写真を撮りまくっていました。

 

 嫁には愛はないけど、子どもには愛があるようです…

 

 3か月検診と比べて、体重も4キロくらい増えていました。

 ぷにょぷにょのお腹がとってもかわいいです。

 旦那のぷにょぷにょのお腹は気持ち悪いですが…(中年太りですので…)

 

 大した病気もすることもなく、大きくなってくれている事に、

 本当に感謝です。

 世の中では、病気で苦しむ子どもたちもたくさんいる中で…

 

 〝ありがとう〝

 

 


2010年1月3日

 あけましておめでとうございます。

 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

 お正月は、旦那に無理を行って、

 久しぶりに松山に行ってきました。

 本当は、大好きなおばあちゃんに

 会いに行くためなのですが…

 実は、祖母は、

 今、病院のベットで寝たきりです。

 在宅介護が、無理になり入院しています。

 今年もお正月を迎える事ができたんだなあ~と感謝しています。

 

 〝おばあちゃん〝と病室に入った時は、顔を縦にそっと振るだけでしたが、

 次女のひ孫をみせると、片方しか動かない手で次女をやさしく撫でて、

 なかなか見せなくなった笑顔をみせてくれました。

 きっと、嬉しいんでしょうね。

 赤ちゃんのパワーって、本当にすごいと思います。

 

 ただ、いつも病室からでるとき、心の中でごめんね…と言いながら帰ります。

 本当は、家にいたいんだろうなあ~と…

 このままいくと、帰る時は、きっともう息を引き取った時なのでしょう…

 そう考えると、何もしてあげられない自分が情けないな~と…

 

 しかし、ひ孫を見せるととても喜ぶので、

 私のおばあちゃんにしてあげられる事は、それくらいだけ…

 

 いつも、帰る時は、〝また来るから元気で待っていてね〝と伝えます。

 いつ来るかわからない孫ですが、本当にごめんねと思います。

 

 

今年の目標

・子どもたちの時間を大切にする

・旦那の両親の事も少しは考える

・本は月10冊は読む

・医院のために、患者さんのために、スタッフのためになる事はどんどんする

・旦那の医療の質(嫁ではなく歯科医師としてここだけは尊敬!)を保つよう努力

 つまり、あまり怒らせない、すねさせない、いじけさせない!

 ようは、旦那は子どもなんで…

 三人の小さな可愛い子どもたちと、

 おチビでおデブでおハゲな仮面をかぶった子どもがいるようなもの

 仮面をかぶった可愛い子どもがいるんだと思う事!

 (きっとこれは、なかなかの難しい課題ですが…)

・月に一度はお墓に報告!

 今の自分たちの医院があるのもご先祖様のおかげだから…

 絶対に、自分たちからの0のスタートなら、

 こんな病院を作ることができなかったし、

 患者さんにも最先端の医療を提供できなかったことは間違いので…

 感謝の気持ちを忘れない!

 

 

 

はぐくみの森 歯科クリニック

〒779-0221 鳴門市大麻町萩原字西山田107-7

四国霊場一番札所 霊山寺より県道12号を東へ800メートルの交差点にあります

お問い合わせ

お気軽になんでもご相談ください。折り返しお返事いたします。

メモ: * は入力必須項目です