ピーマンとナスの焼き浸し

材料

 ピーマン    5コ

 ナス      2本

★だし汁     80cc

★しょう油    大さじ2

★みりん     小さじ2   今回はめんつゆを使いました✨

(お好みでショウガ・わけぎ・大葉など)今回はみょうがと胡麻をトッピングしてみました。

作り方

 1 ピーマンとナスを適当な大きさに切り、ナスは水にさらす。

 2 ★を混ぜておきます。

 3 フライパンを熱しオリーブ油をひき、水気を切ったナスを焼いていきます。

 4 ナスの両面に焼き色が付いたらピーマンを投入して焼いていきます。

 5 ピーマンとナスが焼けたら★を入れひと煮立ちしたら火を止め、ふたをして冷まします。

 6 冷めたら器に盛り、お好みでトッピングを添えて完成です。

 ※ ナスはフライパンの油をガンガン吸収してしまうので、水気を切ったナスに小さじ1程度の油をまぶしてから焼くと余計な油を吸収しません。

 ※ 今回は★を手軽にめんつゆで代用しています。すごい簡単です✨✨

 

夏野菜とは…

  春に種をまいて夏から秋にかけて収穫する野菜を夏野菜と言います。夏に穫れるので夏バテに効くものが多いです。最近ではいつでも食べられ  

 るけど旬だとさらに栄養が高まるのでオススメです。

  夏野菜はカリウムと水分を含んでいるので水分の多い夏野菜を食べるとそれが体内の熱を吸収します。そして熱を吸収したら水分を利尿作用に 

 よって排出するので体内の熱を下げるのです。

  夏は汗をよくかきます この汗には水分と一緒にビタミンやミネラルなどが含まれていてそれが一緒に排出されるので身体に不足になってしま

 うビタミンを豊富に含んだ夏野菜を摂取するのは大切です。

 

  ナス:寒さに弱い野菜で冷蔵庫で保管すると悪くなりやすい。ヘタの部分をラップなどで包んで保管すると水分が逃げにくくなり長持ちする。

     ほとんどが水分で出来ていて以外と食物繊維が多い。

     成分のナスニン・アントシアニンには抗酸化作用を持ち抗ガン効果があります。 

     効果:だるさ・むくみ・老化防止

  ピーマン:緑黄色野菜の代表格で豊富なビタミンc、ビタミンAわ含む。

       実はピーマンの種と回りの白いワタの部分こそ栄養があるらしいです。

       血行を良くして冷え性の改善にも効く。

       効果:美白・ニキビ・夏バテ予防

  みょうが:90%が水分で成り立っていて、中でもカリウムは体内の余分な塩分や水分を排出させる作用があります。

       血液をさらさらにしてくれ、夏バテにも効果的  

       高血圧の改善や予防、解毒作用もありデトックスやダイエットにも良いと言われています。

 

 

  

 

 

 

 

はぐくみの森 歯科クリニック

〒779-0221 鳴門市大麻町萩原字西山田107-7

四国霊場一番札所 霊山寺より県道12号を東へ800メートルの交差点にあります

お問い合わせ

お気軽になんでもご相談ください。折り返しお返事いたします。

メモ: * は入力必須項目です